ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月08日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園【イベント情報】

干支の講演会2017「ニワトリ-人の心をつかまえた鳥-」

恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、平成29年の干支の動物であるニワトリに焦点を当て、ニワトリがどのように家畜化され、人間社会で広く利用されるようになったかを紹介するため、講演会を開催します。
世界で最も多く飼われている鳥であるニワトリは誰もが知る鳥ですが、実は多くの謎を隠しています。ニワトリの祖先であるアジアの森林に住むセキショクヤケイは、空を自由に飛び、卵もあまり多く産みません。しかも、セキショクヤケイが人間に飼われるようになった理由は、どうやら肉でも卵でもないようなのです。「セキショクヤケイ」が「ニワトリ」となり、世界中で飼育されるようになった謎を探りながら、ニワトリの本当の姿を紹介します。
この講演会は事前申込制となりますので、お誘い合わせのうえ、ぜひご応募ください。

写真
【上野動物園のニワトリ】

1.日時

平成29年1月22日(日曜)13時00分~16時00分

2.場所

東京都美術館 講堂(東京都台東区上野公園8-36)
JR上野駅公園口から徒歩7分、上野動物園から徒歩3分
※上野動物園内ではありませんのでご注意ください。

3.対象

小学5年生以上(中学生以下は保護者同伴)

4.定員

200名

5.内容

(1) 都立動物園・水族園4園の園長による新年のご挨拶と、最近の4園のニュースのご紹介

  1. 土居利光(恩賜上野動物園)
  2. 福田豊(多摩動物公園)
  3. 永井清(井の頭自然文化園)
  4. 田畑直樹(葛西臨海水族園)

(2) 講演「ニワトリ-人の心をつかまえた鳥-」

東京大学総合研究博物館教授 遠藤秀紀氏

プロフィール

昭和40年東京都生まれ。平成4年~同17年国立科学博物館動物研究部研究官、平成17年~同20年京都大学霊長類研究所教授、平成20年から東京大学総合研究博物館教授。
動物園の動物が死亡したあと、その死体からさまざまな進化の秘密を解き明かしてきた。死を考え、命を語る、「遺体科学」の提唱者である。

6.応募方法

はがきまたはEメールで以下のとおりお申し込みください。

はがき

参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名(ふりがな)・電話番号、「質問1:この講演会を何で知りましたか?」及び「質問2:この講演会に関し、興味があること、または質問したいこと」への回答を明記のうえ、お申し込みください。
【宛先】
〒110-8711 台東区上野公園9-83
上野動物園 教育普及係「干支の講演会2017」

Eメール

niwatori2017(at)tokyo-zoo.net宛に、件名を「干支の講演会」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名(ふりがな)・電話番号、「質問1:この講演会を何で知りましたか?」及び「質問2:この講演会に関し、興味があること、または質問したいこと」への回答を明記のうえ、お申し込みください。
お申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのEメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。なお、自動返信などによる確認メールの送信はありません。
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

7.締切

平成29年1月10日(火曜)
※はがきは当日必着、Eメールは10日(火曜)送信分まで有効。
※応募者多数の場合は抽選とし、平成29年1月14日(土曜)までに、当選の方にのみ参加証の発送をもってお知らせいたします。

8.その他

本講演会当日(午前中)に限り、上野動物園の各門で参加証のご提示によりご入園いただけますので、西園・子ども動物園(曲屋(まがりや))で開催されている干支展などを見学することができます。
なお、講演会終了後は入園時間を過ぎているため、ご入園はできません。

ご案内

【恩賜上野動物園】

<開園時間>

9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)

<休園日>

毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
12月29日(木曜)~1月1日(日曜・祝日)は休園。
新年は1月2日(月曜・祝日)から開園。1月3日(火曜)は開園。

<入園料>

一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る