ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月08日  都市整備局

〔別紙1〕

宅地建物取引業者に対する行政処分について

平成28年12月8日
東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課

被処分者 商号 NBL株式会社
代表者 代表取締役 孫徳禹(そんとくう)
主たる事務所 東京都豊島区東池袋一丁目47番7号 東光ビルアネックス101
免許年月日 平成24年8月3日
免許証番号 東京都知事(1)第94481号
聴聞年月日 平成28年10月25日
処分内容 宅地建物取引業務の全部停止15日間及び指示
業務停止期間 平成29年1月7日から同月21日まで
適用法条項 宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不交付)
同法第37条第3項(宅地建物取引士の記名押印のない契約書の交付)
同法第65条第1項(指示)
同法第65条第2項第2号(業務の停止)
事実関係 被処分者は、平成25年12月20日付けで、転貸人Aと転借人Bとの間で成立した、東京都港区所在の建物の1室の転貸借契約の媒介業務を行った。
この業務において、被処分者には、下記のとおり宅地建物取引業法(以下「法」という。)違反があった。


(1) 本件契約が成立するまでの間に、転借人に法第35条に定める書面(重要事項説明書)を交付しなかった。
(2) 法第37条に定める書面(転貸借契約書)に、宅地建物取引士をして、記名押印させなかった。

これらのことは、(1)は法第35条第1項本文に違反し、法第65条第2項第2号に該当し、(2)は法第37条第3項に違反し、法第65条第1項本文に該当する。

ページの先頭へ戻る