ここから本文です。

報道発表資料  2016年12月01日  教育庁

〔参考資料〕

東京都立多摩図書館の概要

1 都立多摩図書館の主なサービス

(1) 東京マガジンバンク

時代の社会経済状況を先鋭的に捉えるといった、図書とは異なる雑誌ならではの特性を活かしたサービスを実施しています。

雑誌に特化した公立図書館として国内最大級規模

  • 所蔵雑誌
    約17,000タイトル(うち 外国語雑誌1,400タイトル)
    女性誌と鉄道誌が充実
  • 開架(最新1年分)
    約6,000タイトル <現多摩図書館の11倍>
  • 創刊号コレクション
    明治期以来のあらゆるジャンル 約6,600タイトル

雑誌を活用したサービス

  • 東京マガジンバンクカレッジでは、「雑誌総合」、「多摩」、「鉄道」の三つのセクションを設け、雑誌の世界を探索。定期的に都民の方々が興味を持って参加できるテーマによる講演会等を実施
  • 古い雑誌も製本せず現物のまま保存。書庫内の雑誌は、連続したバックナンバーを数十冊まとめて一度に利用することが可能

(2) 児童・青少年資料サービス

東京都の子供の読書活動を推進するため、年代に応じた多様なサービスを行うとともに、学校や区市町村立図書館を支援しています。

東京都の子供の読書活動推進の拠点としての資料提供

  • 児童書、青少年資料、児童書等研究書:約22万冊
  • 開架:約81,500冊 <現多摩図書館の2.5倍>
  • 児童書選書コーナー:約4,500冊(新刊1年分)<現多摩図書館の2倍>

対象別の主なサービス・支援

  • 幼児・児童:子供専用相談カウンターの設置やおはなし会の実施 等
  • 学校:調べ学習講座の実施や読み聞かせハンドブックの配付 等
  • 区市町村立図書館:講師派遣や研修等の実施、ガイドブックの作成 等
  • 子供読書に関わる大人:読み聞かせボランティア育成講座の開催 等

(3) 東京2020オリンピック・パラリンピック対応

東京2020オリンピック・パラリンピックを契機に、「英語教育の充実」や「国際化の推進」に役立つ情報を図書館から発信します。

オリンピック・パラリンピック教育を柱とする学校支援

  • オリンピック・パラリンピック関連ブックリスト作成とWEB公開
  • 英語図書資料をパッケージ化して、都立高校に貸し出す事業を充実

図書館の施設や資料を活用したサービス

  • 多摩地域の観光情報拠点として、都内観光情報(外国語資料も含む。)を提供
  • NPO等と連携し、外国語雑誌を活用した国際交流会等を実施

※図書資料の個人への貸出は行っておりません。

2 所在地等

〒185-8520
国分寺市泉町2丁目2番26号

JR中央線・武蔵野線 西国分寺駅南口 徒歩7分

電話番号 042-359-4020

画像

3 開館時間

  • 平日
    午前10時00分~午後9時00分
    ※現行より1時間30分延長します!
  • 土曜日曜祝休日
    午前10時00分~午後5時30分

4 休館日

  • 館内整理日:毎月第1木曜日(休日又は他の休館日に当たるときは、第2木曜日)
  • その他、設備等保守点検日(毎月1回)、特別整理期間(年12日以内)、年末年始(12月29日~1月3日)

5 施設の特徴

  • グループ閲覧室(グループで図書館の資料を使い、調べもの等ができる部屋)
  • セミナールーム(最大約200名収容、研修会や映画会に利用できる有料貸出施設)
  • カフェスペース(エントランスホールに広がる憩いの場)

※多摩図書館は、12月19日(月曜日)まで現在の立川市において開館しています。12月20日(火曜日)から1月28日(土曜日)まで休館し、1月29日(日曜日)に国分寺市に移転オープンします。

問い合わせ先

東京都立多摩図書館
電話 042-359-4033
ファクス 042-359-4121
(申込みに関する問合せ先)
「都立多摩図書館移転オープン記念」事務局
電話 03-5966-5779
Eメール opentama_event(at)stage.ac
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

 

ページの先頭へ戻る