トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 11月 > 腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生

ここから本文です。

報道発表資料  2016年11月28日  福祉保健局

腸管出血性大腸菌O157による食中毒の発生について
冷凍メンチカツなどを調理する際は、中心部まで十分に加熱しましょう

本年10月中旬から、静岡県内の食品製造業者が製造した「冷凍メンチカツ」に起因する腸管出血性大腸菌O157による食中毒患者が全国的に発生しています。
今般、都内においても「冷凍メンチカツ」に関わる食中毒が発生しましたのでお知らせします。

  • 11月14日(月曜)及び同月10日(木曜)、都内の医療機関から管轄保健所に、感染症法※に基づく腸管出血性大腸菌感染症発生届の届出があり、届出患者2名について、住所地を所轄する町田市保健所及び江戸川区江戸川保健所が調査を行ったところ、患者1名は、神奈川県が食中毒疑い事案として10月31日(月曜)に報道発表した「和牛・相模豚メンチ 肉の石川」と同じ製品を、もう1名の患者は、「yonekyu ジューシーメンチカツ」を家庭で調理し、喫食していたことが判明しました。
    ※感染症法・・・「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」
    腸管出血性大腸菌感染症は、同法による3類感染症に分類されている。
  • 東京都健康安全研究センターが、患者のふん便及び家庭で保管されていた「冷凍メンチカツ」の残品から検出した腸管出血性大腸菌O157並びに神奈川県の食中毒における患者及び「冷凍メンチカツ」から検出した同菌の遺伝子検査を実施したところ、遺伝子型がすべて同一であることが確認されました。
  • 本日、町田市保健所及び江戸川区江戸川保健所は、それぞれの事案について、家庭で調理された「冷凍メンチカツ」に起因する食中毒と断定しました。

患者の状況等

担当保健所 町田市保健所 江戸川区江戸川保健所
届出月日 11月14日(月曜) 11月10日(木曜)
年齢・性別 70代 女性 10代 女性
喫食月日 10月27日(木曜) 10月26日(水曜)
発症日時 11月3日(木曜)午前8時00分 10月31日(月曜)正午頃
主な症状 腹痛、下痢、血便、発熱等 腹痛、下痢、血便、発熱、溶血性尿毒症症候群(HUS)等
入院状況 11月4日(金曜)から同月15日(火曜)まで 11月3日(木曜)から同月16日(水曜)まで
喫食商品 和牛・相模豚 メンチ 肉の石川
「そうざい半製品」
yonekyu ジューシーメンチカツ
「そうざい半製品(メンチカツ)」
検査結果 ふん便から腸管出血性大腸菌O157を検出 家庭に冷凍保管してあった残品から腸管出血性大腸菌O157を検出

患者が喫食した「冷凍メンチカツ」について

「和牛・相模豚メンチ 肉の石川」及び「yonekyu ジューシーメンチカツ」は、いずれも喫食前に、確実に加熱調理が必要な未加熱の食品を凍結した「そうざい半製品」です。

当該冷凍メンチカツは、現在、販売店舗等で回収しています。
回収対象品の表示内容等は、次のとおりです。

商品名 和牛・相模豚 メンチ
肉の石川
画像
yonekyu
ジューシーメンチカツ
画像
名称 そうざい半製品 そうざい半製品(メンチカツ)
賞味期限 2017年2月17日、2017年2月26日、2017年4月12日 2016年12月26日以前の商品
製造者等 〔販売者〕
株式会社肉の石川 NIT
神奈川県平塚市西真土1-3-8
泰平ビル3階
〔製造者〕
タケフーズ株式会社
静岡県沼津市大諏訪524
〔販売元〕
米久株式会社
静岡県沼津市岡宮寺林1259番地

都民のみなさまへ

  • ひき肉を使用したハンバーグや冷凍メンチカツなどを調理する際には、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心部が75℃、1分以上)
  • 調理後は、中心部まで十分加熱されているか、切り分けてしっかり確認しましょう。
  • 手指、調理器具等を介して、他の食品を汚染(二次汚染)しないよう注意しましょう。
  • このたびの「冷凍メンチカツ」は、喫食前に確実に加熱調理が必要な未加熱の食品を凍結させた「そうざい半製品」です。
  • 食品を購入する際、また、調理する際は、表示内容をしっかり確認しましょう。
  • 現在、販売者が自主回収を行っています。万一、お手元にある場合には、食べずに購入店舗等に返品してください。
  • 冷凍メンチカツなどを喫食したことにより、体調の不良が疑われる場合は、速やかに医療機関に受診し、最寄の保健所にお問い合わせください。

※別添 腸管出血性大腸菌О157の特徴について(PDF:109KB)

問い合わせ先

福祉保健局健康安全部食品監視課
電話 03-5320-4405

 

ページの先頭へ戻る