ここから本文です。

報道発表資料  2016年11月25日  福祉保健局

〔別紙〕

各項目の詳細

平成28年度「障害者週間」記念の集い 第36回 ふれあいフェスティバル

障害のある人もない人も、お互いがふれあい、楽しみながら障害や障害のある方に対する理解と関心を深めることができるイベントです。

1 日時

平成28年12月5日(月曜日)
13時00分から(開場:12時00分)

2 会場

東京都庁第一本庁舎5階大会議場(都営地下鉄大江戸線「都庁前」駅下車)

3 主催

東京都及び公益財団法人日本チャリティ協会

4 参加者

障害者及び一般参加者 約500名(入場無料。申込不要)

5 プログラム

  • 表彰式典
    • 障害者自立生活者・自立支援功労者への知事賞及び記念品贈呈
  • 「ふれあいステージ」
    • ふれあいトークショー
      木村敬一選手(リオデジャネイロパラリンピック競泳メダリスト)
      ゲストインタビュアー 宮下純一(北京オリンピック競泳メダリスト)
    • 踊正太郎 津軽三味線ライブ
    • 都立府中けやきの森学園 和太鼓部

障害者の法律(福祉)特別電話相談

障害のある方を対象に、弁護士や社会保険労務士、障害者相談員などが専門的な電話相談(ファクス、メールでも可)を行います。

1 日時

12月3日(土曜日)、4日(日曜日)、6日(火曜日)、7日(水曜日)、8日(木曜日)、9日(金曜日)
各日10時00分から17時00分まで(受付は16時00分まで)

2 相談先

東京都障害者社会参加推進センター

  • 電話
    03-5261-0729
    03-3268-7184
    03-5261-0807
  • ファクス
    03-3268-7228
  • メール
    info(at)tosinren.or.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

【主な相談内容】

  • 相続、遺言、親権、認知、養子縁組
  • 医療問題 障害福祉施策等
  • 消費者問題 クレジット、悪質商法
  • 労働問題 解雇、賃金
  • 建物、賃貸借問題 騒音、修理、契約
  • 交通事故問題 被害、加害、賠償金
  • 社会保険 障害年金・医療保険・介護保険等

東京都提供テレビ番組を活用した番組放映

テレビ朝日「東京サイト」(東京都提供テレビ番組)で、「障害者週間」に関連した番組を放映する予定です。

11月28日(月曜日)から12月2日(金曜日)の毎日
14時00分から14時04分まで
※関東地区にて放送予定

啓発ポスターの掲示 標語「差し伸べた手から始まる理解の輪」

障害者週間期間中、都内の公共交通機関・学校・公共施設等に掲示します。

  • 原画
    藤村尚実さんの作品「ここから始まる」(第31回東京都障害者総合美術展入選作品)
  • 標語
    須山恵美さんの作品(一般公募)

画像

障害者差別解消法 普及啓発の実施

期間中に、都庁1階展示スペースでのパネル展示や新宿西口デジタルサイネージでの動画放映を行います。

画像

(参考)ヘルプマークについて

障害に関するシンボルマークは、それぞれの障害者団体が独自に提唱しているものもありますが、東京都では、障害者だけではなく、難病の方、または、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるよう、「ヘルプマーク」を作成し、普及に取り組んでいます。
全ての都営交通、ゆりかもめ及び多摩モノレールで、ヘルプマークを配布するとともに、優先席にステッカーを標示しています。
ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

画像
ヘルプマーク
(help mark)

(参考)障害者理解促進特設サイト ハートシティ東京
東京都では、障害者理解に関する情報を発信しています。

ページの先頭へ戻る