トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 11月 > 東京アニメアワードフェスティバル2017を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年11月09日  産業労働局, 東京アニメアワードフェスティバル実行委員会, 一般社団法人日本動画協会

東京アニメアワードフェスティバル2017を開催!
こどもアニメーション部門・日本のアニメーション生誕100周年記念特別企画を新たに実施

日本を代表する国際的なアニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2017」が、平成29年3月に開催されます。
今回は、次の世代を担う子供達にアニメーションを作ること・見ることの楽しさを伝えるため、こどもアニメーション部門を新たに実施します。また、2017年は日本のアニメーション生誕100周年であり、これを記念した特別企画も実施します。また開催地を変更し、多数の方々が楽しめるよう、複数の会場で実施します。
東京都は、本フェスティバルを共催し、コンペティション部門のグランプリ作品に都知事賞を授与しています。

写真
2017年映画祭キービジュアル
(c)TAAFEC. All Rights Reserved.

開催概要

  • 会期
    平成29年3月10日(金曜)から13日(月曜)まで
  • 会場
    池袋の5会場(新文芸坐、シネマサンシャイン池袋、池袋HUMAXシネマズ、シネ・リーブル池袋、池袋シネマ・ロサ)ほか
    ※市ヶ谷(DNPプラザ)、飯田橋(アンスティチュ・フランセ東京)、荻窪(杉並アニメーションミュージアム)では、会期前にワークショップ・上映イベント等を実施
  • 主催
    東京アニメアワードフェスティバル実行委員会
    一般社団法人日本動画協会
  • 共催
    東京都
写真 写真
飯田橋
(アンスティチュ・フランセ東京)
荻窪
(杉並アニメーションミュージアム)

今年度の注目トピックス

こどもアニメーション部門

アニメーション作りの楽しさを体験できるワークショップを行い、後日表彰式を行います。

  • こどもワークショップ「アニメ水族館」
    「魚」のアニメーション制作をグループで取り組み、「かたち」と「動き」について観察から作り出すことを学びます。
    〔開催日〕平成29年1月28日(土曜)
    〔会場〕DNPプラザ(新宿区市谷田町1-14-1)
    〔対象/定員〕都内在住の小学校3年生~4年生、合計25名
    〔参加費〕500円
    〔申込方法〕11月9日(水曜)より公式ホームページ(外部サイトへリンク)にて先着順で受付を開始します。
写真
市ヶ谷
(DNPプラザ)

日本のアニメーション生誕100周年記念 主な特別企画

日本初のアニメーションが公開されてから、2017年でちょうど100年。
これを記念し、特別企画を実施します。

  • 特別コンペティション『アニメ映画を見に行こう!@東京-"Let's go to THE Anime @TOKYO-"』
    「100年後の東京」を想像させるアニメーションを幅広く募集し、優れた作品を表彰
  • 「日本のアニメーション100選」
    日本のアニメーション史に残る100作品を選出し、その一部を特別上映

※詳細は、公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧下さい。

問い合わせ先

(東京都との共催に関すること)
産業労働局観光部振興課
電話 03-5320-4786
(フェスティバルの内容に関すること)
一般社団法人日本動画協会・TAAF実行委員会事務局
電話 03-5298-2484

 

ページの先頭へ戻る