トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 11月 > 東雲北運河内部護岸工事の底質調査結果と今後の対応

ここから本文です。

報道発表資料  2016年11月01日  港湾局

東雲北運河(潮見二丁目)内部護岸工事における
底質調査の結果と今後の対応について

東京都が施工する東雲北運河(潮見二丁目)の内部護岸建設工事に先立ち、事前の底質調査を行ったところ、環境基準を上回る濃度のダイオキシン類が検出されましたので、その調査結果等をお知らせします。

1 調査結果

平成28年4月から8月まで、施工に先立ち15地点46箇所で底質(注1)の調査を行いました。その結果、5箇所で環境基準※を超える底質ダイオキシン類が検出されました。

調査結果(含有量:ピコグラム-TEQ/グラム)

位置
深さ
A地点 B地点 C地点 D地点 E地点 環境基準※
表層 59 11 200 46 93 150
2層目 11 6.3 300 83 45
3層目 14 15 46 110 28
4層目
  F地点 G地点 H地点 I地点 J地点
表層 330 240 43 37 55
2層目 4.3 150 74 6.8 56
3層目 32 44 110 10 23
4層目 4.6
  K地点 L地点 M地点 N地点 O地点
表層 120 47 32 49 38
2層目 350 80 13 83 34
3層目 120 130 5 57 8.2
4層目
1層厚 0.5~1.0メートル
―:調査範囲外

※環境基準150ピコグラム-TEQ/グラム以下
ダイオキシン類対策特別措置法に基づく基準
※ピコグラム
一兆分の1グラム
※TEQ(Toxic Equivalent(毒性等量))
ダイオキシン類の量を、最も毒性の強い2、3、7、8-四塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシンの量に換算した値
注1 海底や湖底等の表面を構成している物質を表す。

2 今後の対応

今回の底質調査の結果を踏まえ、「港湾における底質ダイオキシン類対策技術指針(改定版)」(平成20年国土交通省)に基づき、ダイオキシン類を取り除く処理を行います。
具体的には、汚染土を取り除き、汚染土壌処理施設に運搬し、無害化処理を行います。

問い合わせ先

港湾局港湾整備部建設調整課
電話 03-5320-5604

 

〔資料〕

位置図
図

 

詳細図
図

ページの先頭へ戻る