トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 10月 > 住まいと税を考えるキャンペーンを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年10月26日  主税局

東京都主税局・新宿税務署合同
住まいと税を考えるキャンペーン開催!

「税を考える週間」※にあたり、都民のライフステージに合わせて税について考えてもらう取組として、住宅展示場を訪れる住宅購入検討中の方に対して、住まいに関する税の仕組みを分かりやすくお伝えする「住まいと税を考えるキャンペーン」を開催します。
本キャンペーンは、東京都主税局と新宿税務署の合同開催とし、来場者のニーズに合わせて、国税、地方税の不動産関連税制について詳しくご説明します。

1 日時

平成28年11月23日(祝日)10時00分~16時00分

2 場所

東京都新宿住宅展示場(東京都新宿区西新宿4-36)

3 実施団体

  • 主催:主税局、新宿税務署
  • 協力:東京税理士会、東京納税貯蓄組合総連合会

4 内容

  • 会場内でのチラシ・PRグッズの配付
  • デモパソコンによるe-Tax(電子申告)体験
  • ブーステント内での税金相談や、税金クイズで、不動産に関連した税金について、わかりやすくご説明します。

住まいと税を考えるセミナーの開催

住宅の購入時に知っておきたい「住まいの税金」について詳しく解説します。土地・建物についての不動産取得税、固定資産税の仕組みや軽減制度、また、相続・贈与、住宅ローン控除など、関連する税金についても解説します。
[時間]13時00分~/14時15分~(2回開催)
[場所]セミナーハウス(東京新宿住宅展示場内)
[定員]各回20名
[講師]主税局、東京税理士会
参加無料
※要事前予約(予約専用ダイヤル03-5351-6718)
受付は10月27日(木曜)から。受付時間10時00分~18時00分

図 図
国税庁e-Taxキャラクター
イータ君
主税局イメージキャラクター
タックス・タクちゃん

※税を考える週間
「税を考える週間」とは、国税庁が、税の役割や適正・公正な課税及び徴収の実現に向けての取組に対して理解を深めてもらい、税務行政に対する理解及び納税道義の高揚を図ることを目的として行っている広報・広聴週間である。
地方自治体においても、この週間を活用し、地方税に関する広報広聴施策を積極的に実施するものである。
「税を考える週間」は、11月11日から17日までの一週間とし、その前後を含めおおむね11月中に各種広報・広聴行事等を集中的に実施する。

5 その他

本件につきましては、東京国税局より国税庁記者クラブ、国税記者クラブに対しても発表されます。

東京都新宿展示場へのアクセス

住所
〒160-0023 新宿区西新宿4-36

  • 京王新線(都営地下鉄新宿線乗入)「初台駅」東口より徒歩6分
  • 都営大江戸線「西新宿五丁目駅」より徒歩7分
  • JRほか「新宿駅」より徒歩17分

※新宿駅より無料シャトルバスをご利用いただけます。
新宿西口エルタワー1階の三菱東京UFJ銀行前発着。(リビングデザインセンター経由)

図

問い合わせ先

主税局総務部総務課
電話 03-5388-2924

 

ページの先頭へ戻る