トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 10月 > 東京都硫黄島戦没者追悼式における追悼の辞について > 別紙1 「平成二十八年度東京都硫黄島戦没者追悼式」式辞(福祉保健局次長代読)

ここから本文です。

平成28(2016)年10月20日更新

報道発表資料  2016年10月20日  福祉保健局

〔別紙〕

「平成二十八年度東京都硫黄島戦没者追悼式」式辞(福祉保健局次長代読)

本日ここに、御遺族、御来賓の皆様をお迎えして、東京都硫黄島戦没者追悼式を執り行うに当たり、先の大戦において、硫黄島での戦闘により亡くなられた全ての御霊に対し、東京都民を代表して、謹んで追悼の誠を捧げます。
今を去る七十一年前、本土から遥か一千二百五十キロ離れたこの南海の孤島では、激しい戦いが繰り広げられました。
日本軍は、むせかえるような熱気が渦巻く壕の中で戦い、米軍は、降り注ぐ弾雨をぬって上陸を決行するなど、この硫黄島は、世界戦史上、稀にみる激戦地となり、島の形まで変わったと伝えられております。
我が国の部隊は、圧倒的な戦力を持つアメリカ軍に対して一か月余りにわたって奮戦し、その戦いの中で二万人を越える同胞が尊い命を落とされました。
故郷の家族に想いを馳せながら、飢えや渇きに耐えつつ、祖国のために戦い、散華された方々の覚悟と無念さを思うと、悲痛な思いが今も胸に迫ってまいります。
最愛の肉親を失った悲しみの中、幾多の困難を乗り越え、立派に御家族を養育されてこられた御遺族の皆様の御苦労に対し、改めて心から敬意を表します。
戦争により焦土と化した東京も、先人達の懸命の努力により、驚異的な発展を成し遂げ、国内外の多くの人々を惹きつける、活気に満ちた世界有数の都市となりました。
しかし、我々が今、当然のように享受しているこの平和と繁栄は、戦没者の尊い犠牲の上に築かれていることを、片時も忘れてはなりません。
世界に目を向ければ、今なお、武力衝突やテロにより、多くの人々が戦禍に巻き込まれ、尊い命を失い、飢餓や貧困に苦しんでいます。
私は、この式典に臨み、戦没された方々の祖国発展への熱い思いを改めて深く心に刻み、世界の諸都市と手を携え、恒久平和の実現と人類繁栄への貢献に積極的に取り組むことをお誓い申し上げます。
そして、四年後の二〇二〇年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会を必ず成功させ、未来を担う子どもたちに夢と希望を与え、次世代に平和な世界を継承する責務を果たしてまいります。
結びに、戦没された方々の御冥福と御参列の皆様の御健勝、御多幸を心からお祈り申し上げまして、式辞といたします。

平成二十八年十月二十日

東京都知事 小池百合子

ページの先頭へ戻る