ここから本文です。

平成28(2016)年10月20日更新

報道発表資料  2016年10月20日  生活文化局

住まいの安全性(耐えられない理由)

Q7 Q5で「耐えられないと思う」と答えた方にお伺いします。
あなたの住まいが、大地震に耐えられないと思う理由は何ですか。
当てはまるもの全てお選びください。

(n=109)
ひょう

調査結果の概要

Q5で「耐えられないと思う」と答えた方109名に、住まいの安全性(耐えられない理由)について聞いたところ、「耐震診断を実施しておらず、耐震性が不明で不安があるから」(39.4%)、「見た目で老朽化していると感じるから」(39.4%)が共に4割近くであり、次に「旧耐震基準で(昭和56年(1981年)以前に)建てたから」(28.4%)と続いている。
なお、約2割の「その他」(21.1%)については、多種多様な意見となっている。

「その他」の主な意見

  • 大地震で多くの家が倒壊した映像を見ているので我が家も耐えられないと思います。
  • 耐震補強をしたが不十分と思う。
  • 施工会社が倒産したため、どういう造りの建物なのかもう分からなくなってしまったから。
  • 構造が見えないので不安
  • 新耐震基準以上の地震も起こり得ると思うから。

ページの先頭へ戻る