トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 10月 > 羽村市内の有料老人ホームで発生した食中毒(第3報)

ここから本文です。

平成28(2016)年10月17日更新

報道発表資料  2016年10月17日  福祉保健局

羽村市内の有料老人ホームで発生した腸管出血性大腸菌O157による食中毒について(第3報)

本年8月27日(土曜)から9月4日(日曜)にかけて、羽村市内の有料老人ホームで発生した腸管出血性大腸菌O157による食中毒について、下記のとおり調査結果をお知らせいたします。
(別添:9月1日第1報及び同月5日第2報

1 発症日時

平成28年8月27日(土曜)午前10時00分から9月4日(日曜)午前11時00分まで

2 喫食者数

94名(入居者:88名、施設職員3名及び調理従事者3名)

3 患者数 32名

(内訳)男性8名(25歳※、75~100歳)、女性24名(75~99歳)〕※施設職員

  • 9月1日、患者1名(82歳女性)が腸管出血性大腸菌感染症により亡くなりました(同日報道発表)。
  • また、その後、腸管出血性大腸菌感染症が契機となって呼吸器疾患、基礎疾患が悪化し、4名の方(75歳、88歳、90歳及び91歳、いずれも女性)が亡くなりました。

4 主な症状

下痢、血便、発熱、おう吐、腹痛等

5 原因食品

きゅうりのゆかり和え(8月22日(月曜)の夕食に提供)

6 原因物質

腸管出血性大腸菌O157

7 検査結果(検査機関:東京都健康安全研究センター)

(1) 患者ふん便 27検体

18検体から腸管出血性大腸菌O157を、1検体から腸管出血性大腸菌O157及びサルモネラ属菌(O4群)を検出しましたが、サルモネラ属菌については本件食中毒とは関連性はないものと考えます。

(2) 調理従事者ふん便 19検体

1検体から腸管出血性大腸菌O157を検出しました。O157を検出した調理従事者(非発症)は「きゅうりのゆかり和え」を喫食していましたが、「きゅうりのゆかり和え」の調理作業には従事していませんでした。
また、別の従事者のふん便1検体からサルモネラ属菌(O7群)を検出しましたが、本件食中毒とは関連性はないものと考えます。

(3) 食品(検査用保存食)84検体

1検体(きゅうりのゆかり和え)から腸管出血性大腸菌O157を検出しました。

(4) 施設・調理器具等ふきとり 18検体

2検体から黄色ブドウ球菌を検出しましたが、本件食中毒とは関連性はないものと考えます。なお、手洗いの励行、調理器具の殺菌等について指導しました。

(5) 腸管出血性大腸菌O157の遺伝子検査

「きゅうりのゆかり和え」及び患者ふん便4検体から検出した腸管出血性大腸菌O157の遺伝子検査を実施したところ、同一であることが確認されました。
また、千葉県内の同系列の施設で発生した食中毒事例における「きゅうりのゆかり和え」及び患者ふん便4検体から検出した腸管出血性大腸菌O157の遺伝子とも同一であることが確認されました。

8 都の対応について

(1) 高齢者福祉施設に対する食中毒防止対策衛生講習会の開催

10月16日(日曜)、都内の高齢者福祉施設の管理者等348名に対し、食中毒防止対策に関する衛生講習会を都庁大会議場で実施しました。

(2) 集団給食施設に対する監視指導

食中毒が発生した場合に大規模化しやすく、また、発症すると重症化するおそれのある高齢者等が利用する集団給食施設等を中心に、施設及び食品等の適切な取扱いや自主的な衛生管理の遵守について監視指導を実施しています。

集団給食施設の管理者等の皆様へ

  • 集団給食施設においては、「大量調理施設の衛生管理マニュアル」(平成9年3月24日付け衛食第85号別添、最終改正:平成28年10月6日付け生食発1006第1号)の内容を遵守してください。
  • 高齢者は、基礎疾患や加齢による免疫力の低下などにより、食中毒になると重症化することがあります。高齢者施設において野菜を加熱せずに提供する場合には、次亜塩素酸ナトリウム等による殺菌を徹底してください。
  • 原材料及び調理済み食品の温度管理等を行い、衛生管理を徹底してください。
    なお、厚生労働省から「老人ホーム等における食中毒予防の徹底について」(平成28年9月16日付け生食監発0916第1号)が発出されています。

都民の皆様へ

  • 生野菜などはよく洗い、食肉は中心部まで十分加熱してから食べましょう。
  • 少量の菌数でも発症する可能性があるため、調理後は速やかに喫食し、長時間室温放置せず、冷蔵庫や冷凍庫に保存しましょう。
  • 加熱調理済の食品が二次汚染を受けないよう、調理器具は必ずよく洗いましょう。できれば、熱湯又は塩素系消毒剤で消毒しましょう。
  • 調理や食事の前には必ず石けんで手を洗いましょう。
  • おなかが痛くて、下痢が続いたら、すぐにかかりつけの医師の診察を受けましょう。
  • 発症した患者のいる家庭では、糞便に汚染された下着等の取扱いに注意しましょう。

問い合わせ先

福祉保健局健康安全部食品監視課
電話 03-5320-4405

 

ページの先頭へ戻る