ここから本文です。

平成28(2016)年10月13日更新

報道発表資料  2016年10月13日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園

パンダの日記念イベント「お面としっぽで全身パンダ!」を開催します

恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、昭和47年10月28日に日本で最初のジャイアントパンダ「ランラン」と「カンカン」が来園したことにちなんで、平成24年に10月28日を「パンダの日」と制定しました。
今回は、この「パンダの日」の記念イベントとして、新聞紙で動物のしっぽをつくるワークショップ「お面としっぽで全身パンダ!」を開催いたします。
3代目として新たに任命された「うえのパンダ大使」と一緒に、パンダにより一層親しんでいただき、みなさんで「パンダの日」をお祝いする機会にしたいと思います。ぜひお立ち寄りください。

1.日時

平成28年10月23日(日曜)12時30分~15時30分[雨天決行]
※パンダの日は10月28日ですが、今年は平日のため、10月23日にイベントを開催します。

2.場所

東園・動物慰霊碑横テント

3.定員

先着120名
※未就学児のお子様には保護者の方が同伴のうえ、お手伝いをお願いします。

4.参加受付

当日12時00分より、先着順で整理券を配布します。

5.内容

スタッフの説明を受けながら、新聞紙を利用してパンダのしっぽとお面をつくります。うえのパンダ大使もスタッフとして加わり、お手伝いします。できあがったしっぽとお面をつけて、園内で楽しいひとときをお過ごしください。

6.その他

1) うえのパンダ大使について

パンダが大好きな8人の小学生です。パンダの魅力を伝える親善大使の3代目として、今年の8月に公募より選ばれました。今回、パンダに関する園内の催し物に初めて参加します。

2) TOKYO数寄フェスについて

本ワークショップは、上野「文化の杜」新構想実行委員会が開催する「TOKYO数寄フェス」のプログラムとして、当園と東京藝術大学デザイン科が協働で企画し、開催するものです。なお、10月21日(金曜)にもワークショップ「動物のしっぽを新聞紙でつくろう」を開催します。
「TOKYO数寄フェス」について、詳しくは公式ホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

写真 写真
ジャイアントパンダ(左:リーリー<オス> 右:シンシン<メス>)
図
「TOKYO数寄フェス」公式ロゴマーク

ご案内

【恩賜上野動物園】

  • <開園時間>
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日>
    毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
    10月24日(月曜)、11月14日(月曜)は開園。
  • <入園料>
    一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る