トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 9月 > 2020年に向けた2016年度の東京文化プログラム

ここから本文です。

平成28(2016)年9月30日更新

報道発表資料  2016年09月30日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団, 公益財団法人東京都交響楽団

2020年に向けた東京文化プログラム(2016年度分)について

東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団及び公益財団法人東京都交響楽団では、2020年に向け、今秋から4年間の事業を「東京文化プログラム」として展開してまいります。
今年度は、様々なジャンルの140を超える事業により、東京の多彩で奥深い芸術文化の魅力を国内外に発信してまいります。

舞台芸術

東京芸術祭2016
9月1日~12月18日

東京の芸術文化の魅力を国内外に広く発信することを目指し、今年度からスタート。芸劇オータムセレクション、としま国際アート・カルチャー都市発信プログラム、フェスティバル/トーキョー16、アジア舞台芸術人材育成部門が集結し、全25演目で池袋を中心に魅力的な舞台芸術作品を上演します。

写真
東京芸術劇場
「三代目、りちゃあど」

美術

東京都美術館「ゴッホとゴーギャン展」
10月8日~12月18日

パリで印象派の画家たちに影響を受けながらも、独自の表現を確立していったゴッホとゴーギャン。ゴッホが強く望み実現した南フランス・アルルでの二人の共同生活を軸に、そこに至るまでの画業からその後の影響まで、二人の芸術家の交流と作品の変遷をたどります。

写真
フィンセント・ファン・ゴッホ
《ゴーギャンの椅子》
ファン・ゴッホ美術館
(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)
(c)Van Gogh Museum, Amsterdam
(Vincent van Gogh Foundation)

アートイベント

上野「文化の杜」≪TOKYO数寄フェス≫
10月21日~23日

上野恩賜公園一帯を会場にアートイベントを開催。国内外で活躍するアーティストの大規模な作品展示を実施。野外では夜でも楽しめる展示も。期間中は、上野エリアの美術館や博物館が夜間開館を実施し、祝祭感あふれる3日間とします。

写真
上野の杜に舞うシャボン玉アート

アートイベント

六本木アートナイト2016
10月21日~23日

現代アートやデザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多彩な作品を六本木の街に点在させるアートの祭典です。
今年は、「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」の開催時期に合わせ、初の秋開催となり、また、同時開催として、「東京キャラバン」「TURN in BRAZIL」も実施します。

写真
六本木アートナイト2015の様子
(c)六本木アートナイト実行委員会

伝統文化

TOKYO SHINTORA MATSURI(東京 新虎まつり)
11月19日・20日

東京を代表する都市空間、新橋・虎ノ門エリアを舞台に、東京や東北などの持つ文化の魅力を世界に向けて発信。「東北六魂祭パレード」、東京の伝統芸能と東北の祭り装飾の披露・展示等を行う「東北×東京フェスタ」などを実施します。

写真
パレードのイメージ

音楽

東京都交響楽団「都響スペシャル シェイクスピア讃」
平成29年3月26日

2016年に没後400年を迎えたシェイクスピアの戯曲がもとになった音楽作品をとりあげる特別公演。
指揮はフランス国立リヨン歌劇場・首席指揮者やバルセロナ交響楽団・音楽監督など欧米の第一線でも活躍している東京都交響楽団・音楽監督の大野和士です。

写真
公演のイメージ

※上記以外の事業ラインナップについては、別紙(PDF:1,873KB)をご覧ください。
※9月19日以降に実施している事業を掲載しております。

問い合わせ先

生活文化局文化振興部企画調整課
電話 03-5388-3151
ファクス 03-5388-1327
公益財団法人東京都歴史文化財団事務局総務課
電話 03-5610-3503
ファクス 03-5610-2828
公益財団法人東京都交響楽団経営企画部
電話 03-3822-0726
ファクス 03-3822-0729
※個別事業につきましては、別紙に記載の各施設の担当者までお問い合わせください。

ページの先頭へ戻る