トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 9月 > リオ2016パラリンピック出場選手が各イベント出演

ここから本文です。

平成28(2016)年9月29日更新

報道発表資料  2016年09月29日  オリンピック・パラリンピック準備局

東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」
リオ2016パラリンピック出場選手の出演について

今年度都内各所で実施する「東京都パラリンピック体験プログラム『NO LIMITS CHALLENGE』」について、下記のとおりリオ2016パラリンピック出場選手の出演が決まりましたので、お知らせします。
リオ2016パラリンピック後、初の実施となる10月1、2日の「第41回すみだまつり/第46回こどもまつり」には、リオ2016パラリンピックで銅メダルを獲得したウィルチェアーラグビーの池崎大輔選手ほか日本代表選手と陸上女子車いすマラソンの土田和歌子選手が出演します。
また、10月10日の「としまスポーツまつり2016」には、陸上(T11)マラソンの和田伸也選手が、10月22、23日の「第15回 Iのまち いなぎ市民祭」には、陸上男子走り幅跳び銀メダルを獲得した山本篤選手が、さらに11月6日の「第39回渋谷区くみんの広場 ふるさと渋谷フェスティバル」には、卓球女子の別所キミヱ選手が出演し、競技の魅力解説や体験指導を行います。
これに合わせ、JRの駅や街頭ビジョン等で「NO LIMITS CHALLENGE」の広報動画による集中的な広報を展開します。

1 開催日程、内容及び出演者

  1. リオ2016パラリンピック出場選手等の出演イベント(別紙1-1(PDF:224KB)
  2. 平成28年度下半期事業実施予定(別紙1-2(PDF:108KB)

2 各種広報媒体を活用した広報展開

JR各線の車内液晶モニター(トレインチャンネル)や渋谷4面マルチビジョン等で本事業の広報動画(別紙2(PDF:323KB))を放映します。(別紙3参照(PDF:86KB)

東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」について

本事業は、東京2020大会に向けてパラリンピックの普及啓発を図るため、区市町村等が主催する広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験、アスリートによるトークショー、競技紹介パネル・映像・競技用具等の展示等、パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都がパッケージとして提供するプログラムであり、平成27年7月から実施しています。
事業名称である「NO LIMITS CHALLENGE」は、パラリンピックの理念である「失われたものを数えるな、残された機能を最大限に活かせ」を表現した「NO LIMITS」と、参加型イベントであることを想起させる「CHALLENGE」という2つの言葉を由来としています。

問い合わせ先

オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部連携推進課
電話 03-5388-2496

 

ページの先頭へ戻る