トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 9月 > グリーンリース普及促進事業 募集説明会を開催

ここから本文です。

平成28(2016)年9月27日更新

報道発表資料  2016年09月27日  環境局、 公益財団法人東京都環境公社

ビルオーナーとテナントのwin-winの関係を築く
【グリーンリース普及促進事業】
ビルオーナーとテナントが協働して取組む省エネ設備改修を支援します

グリーンリースは、テナントビルのオーナーとテナントが省エネに関して協働し、双方が光熱費削減等の恩恵を受けられる仕組みです。国内ではまだ取組が始まったところですが、東京都では、今後広く普及させていきたいと考えています。
このたび、今年度から新たに「グリーンリース普及促進事業(助成事業)」を開始します。ついては、下記のとおり、募集説明会を行いますので、お知らせいたします。

グリーンリース普及促進事業 募集説明会

1 日時

10月27日(木曜)、28日(金曜)14時00分~16時00分(両日とも同一内容)

2 場所

国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟4階
東京都渋谷区代々木神園町3-1

3 内容

事業概要、助成金交付の条件、申請書類作成時の留意点 等

4 申込方法

こちらのホームページ(外部サイトへリンク)で受け付けます。(100名程度 参加無料)

<事業概要>
項目 内容
募集期間 平成28年度から平成30年度まで
事業規模 6億円
対象者
  • 都内中小テナントビルを所有する中小企業者等
    (ESCO事業者又はリース事業者との共同申請可)
  • 当該テナントビルに係る地球温暖化対策報告書※を提出する事業者
対象条件
  • ビルオーナーとテナントで設備改修のグリーンリース契約を締結すること
  • 設備改修後のベンチマーク※評価がA2以上となることが見込めること
対象経費
  • 調査費用(助成率2分の1、上限100万円)
  • 設備改修費用(助成率2分の1、上限4000万円(調査費用含む))

グリーンリース普及促進事業 今後の予定

  • 平成28年10月下旬
    募集受付開始
  • 平成29年1月
    募集受付終了
  • 平成29年2月
    審査
  • 平成29年3月
    交付決定
  • 平成29年4月
    次年度の募集受付開始

(低炭素)ベンチマークについて

低炭素ベンチマークは、都に提出された地球温暖化対策報告書のデータを基にして、対象ビルの年間CO2排出量実績を延床面積で割った、床面積(1平方メートル)あたりのCO2排出量(キログラム-CO2/平方メートル)による自己評価指標です。ベンチマークは、下表のように7段階15レンジあり、平均値はA1-となります。
本助成事業では、設備改修後に「A2」以上となることが条件です。

ひょう

低炭素ベンチマークの詳細は、こちらのホームページ(外部サイトへリンク)より「解説書」等をご覧ください。

地球温暖化対策報告書の概要

助成金を申請する際に、地球温暖化対策報告書(前年度の実績)の提出が条件となっています。提出には期限がございますのでお気を付けください。
都内で中小規模事業所を設置している事業者が、各事業所の前年度のCO2排出量や地球温暖化対策の実施状況を都に報告する制度です。
※年間原油換算エネルギー使用量が1,500キロリットル未満の事業所等

義務提出(提出期限 毎年度8月31日)

複数事業所のエネルギー使用量の合計が3,000キロリットル以上

任意提出(提出期限 毎年度12月15日)

義務提出以外の事業所

【地球温暖化対策報告書の問合せ窓口】
東京都地球温暖化防止活動推進センター(愛称:クール・ネット東京)
〒163-0810 東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル10階
(電話)03-5990-5091

問い合わせ先

(事業に関すること)
環境局地球環境エネルギー部地域エネルギー課
電話 03-5388-3443
(申請方法等に関すること)
東京都地球温暖化防止活動推進センター
電話 03-5990-5089

ページの先頭へ戻る