トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 9月 > 超過勤務縮減のための新たな取組について

ここから本文です。

平成28(2016)年9月14日更新

報道発表資料  2016年09月14日  総務局

超過勤務縮減のための新たな取組について

東京都は、“ライフ”・ワーク・バランス実現に向けた取組の一環として、超過勤務縮減のための新たな取組を進めていくこととしましたのでお知らせします。

考え方

  • 責任ある強力な推進体制の下、徹底した超過勤務縮減に取り組み、「残業ゼロ」に向けた職員の意識改革を図っていく
    “競う” 各局の切磋琢磨
    “変える” ハード面から早い退庁へ意識改革
    “褒める” 超勤縮減への努力や成果を評価
  • 全職員が毎日「20時00分までには退庁」をはじめとする、都庁の新たな働き方へ変革

主な取組

残業削減マラソン

超過勤務縮減率(対前年度)の高い部署を全庁に公開
― 高い効果をあげるために ―
(各局の自律的・主体的取組を強化)

  • 各局で超勤縮減の計画・目標を設定
  • モデル職場指定

(全庁あげたPDCAサイクル)

  • 「都庁超勤対策チーム」(各局政策・総務担当部長)を設置。定期的に状況確認

実効性を高めるための基本ルールを各部署で検討

20時00分完全退庁

毎日、遅くとも20時00分までの退庁を目指し

  • 20時00分退庁を知らせる放送
  • 全庁一斉消灯
  • 20時00分以降の退庁者は庁舎出口でチェック

実施時期

9月中旬~実施準備
10月中旬以降、各取組を順次開始
※20時00分完全退庁は10月中旬開始。
また、9月14日(水曜)に残業削減マラソン及び20時00分完全退庁等について、知事の発言を全庁放送(CHTV)。(概ね17時00分頃。事前放送を予定。)

問い合わせ先

総務局人事部職員支援課
電話 03-5388-2462

 

ページの先頭へ戻る