トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 9月 > 調布飛行場における消火救難訓練を実施

ここから本文です。

平成28(2016)年9月14日更新

報道発表資料  2016年09月14日  港湾局

調布飛行場における消火救難訓練の実施について

調布飛行場においては、東京都調布飛行場保安及び消火救難規約に基づき、毎年度、消防署関係機関による合同の危機対応訓練を実施しております。今年度も、緊急事態発生時における消火救難活動を迅速かつ適切に行うため、下記のとおり、訓練を実施しますので、お知らせします。

1 実施場所

東京都調布飛行場制限区域内(東京都調布市西町290番地3)

2 実施主体

東京都調布飛行場保安及び消火救難委員会

【構成】
東京消防庁調布消防署、警視庁調布警察署、調布空港協議会、航空運送事業者(新中央航空株式会社)、東京都調布飛行場管理事務所

3 実施内容

消火救難訓練

(1) 日時

平成28年9月21日(水曜)17時15分~18時00分〔予定〕

(2) 概要

到着機(定期航空便)にエンジントラブルが発生し、着陸後に出火する事故を想定。空港自衛消防隊等が消火救難活動にあたるとともに調布消防署等の化学消防車が出動し、集中放水を行う。また、飛行場内の貯水槽からポンプ車へ給水し、放水する訓練や負傷者の救出訓練を実施。

(3) 訓練項目

  • 関係機関への緊急連絡
  • 避難誘導及び消火
  • 現場救護所運営 等

問い合わせ先

東京都調布飛行場管理事務所
電話 0422-34-4840

 

ページの先頭へ戻る