ここから本文です。

平成28(2016)年9月8日更新

報道発表資料  2016年09月08日  建設局, (公財)東京動物園協会

多摩動物公園

1.動物慰霊祭

多摩動物公園(園長 福田豊)では、平成27年9月から平成28年8月までの1年間に死亡した動物たちのために、慰霊祭を行います。動物たちへの想いを胸に、ぜひ献花にお越しください。

(1) 日時

平成28年9月22日(木曜・祝日)13時30分~14時00分

(2) 場所

動物慰霊碑前
※悪天候時は場所を変更することがあります。

(3) 内容

  • 副園長あいさつ
  • 主な慰霊動物の紹介
  • 代表慰霊動物(代表:モウコノウマ「サーシャ」)への弔辞
  • 職員と当日来園された方々からの献花(花は当園で用意します)
写真
【代表慰霊動物 モウコノウマ「サーシャ」】

主な慰霊動物一覧

動物種名 名前 性別 死亡年齢 死亡日 飼育期間 エピソード
ニホンザル ミズキ オス 22歳 2015年9月23日 22年3ヵ月 1993年6月30日に当園で生まれました。すでに死亡した1歳年長の「ドラ」と、若くして力強く台頭してきた「セタシジミ」を合わせたリーダー3頭の中で、群れ内メスの信頼を得て、ひとつの派閥をつくっていました。
トナカイ ヨシコ メス 14歳 2015年10月3日 14年7ヵ月 2001年2月22日に当園で生まれました。年齢の近い「ハナ」と一緒にいることが多く、ヨシコとハナで寄り添いながら寝ていることもありました。普段は物静かなおばあちゃんという印象でしたが、不満があると若いオスを追い払い、鳴き声を挙げる強いトナカイでした。
ユキヒョウ シンギズ オス 推定26歳 2015年10月10日 15年 2000年10月13日、カザフスタン共和国と日本国との友好のシンボルとして、カザフスタン共和国アルマティ動物園より来園しました。野生由来の迫力のある個体でしたが、遊び好きな性格で、放飼場で楽しそうに過ごす姿が一番に思い出されます。また、メスに大変モテる個体で、4頭のメスとの間に16頭も子供を残しています。
ケナガワラルー ベーコ メス 12歳 2015年10月10日 10年1ヵ月 2005年8月23日に多摩動物公園に初めてやってきたケナガワラルーで、4頭の子供を育てました。
シロオリックス クリーム メス 20歳 2015年11月26日 20年1ヵ月 1995年10月18日に当園で生まれ、群れの中でおばあちゃん的な安定感がありました。息子の「クラウン」は群れの維持に貢献しています。
スイギュウ ハルナ メス 25歳 2015年12月17日 19年2ヵ月 1996年9月30日、愛媛県立とべ動物園から来園しました。好物のキャベツやリンゴなどをチャームポイントでもあった“すきっ歯”からこぼしながらおいしそうに食べていた姿、プールで顔だけ出してのんびり気持ちよさそうに浸る姿に和まされていました。
キリン カンスケ オス 9歳 2016年6月7日 8年7ヵ月 2007年10月9日、長野市茶臼山動物園から来園しました。2011年9月ごろから右前肢を患っていましたが、繁殖オスとして7頭の子供(オス4・メス3)を残し、立派に役目を果たしてくれました。
モウコノウマ サーシャ メス 24歳 2016年7月7日 18年3ヵ月 1998年3月16日、千葉市動物公園から来園しました。「レオ」との間に5頭の子供を授かり、今の群れ構成に大きく貢献しました。晩年は病気に苦しみながらも、食欲は旺盛で、元気に過ごしていました。
シフゾウ エリー メス 18歳 2016年8月5日 15年8ヵ月 2000年11月30日、熊本市動植物園から来園しました。メスなのに立派な角を持ち、群れの誰とでもうまくつきあってくれました。不仲な「カオル」と「アリサ」も、エリーがいるとお互いを気にしないで過ごせていたようです。これからは、いつまでも母親のエリーに甘えてばかりだった「アリサ」が自立するよう、見守っていてください。

2.美術作品展「りかびてん」開催

当園では、芸術の秋にちなんで、動物に関する美術作品展を開催します。この作品展は、科学資料画や図鑑など、理科系挿絵画を中心に活動している日本理科美術協会の絵画を紹介するもので、平成21年度より毎年開催しています。
今回は「私が見てみたい生き物~あこがれる、その姿と生きざま~」をテーマに、生き物たちの魅力を感じる作品を展示します。また、これに関連するワークショップも開催します。

(1) 作品展「りかびてん」

  • 期間
    平成28年9月29日(木曜)~10月25日(火曜)
  • 時間
    9時30分~16時30分
  • 場所
    ウォッチングセンター エントランスホール
  • テーマ
    「私が見てみたい生き物~あこがれる、その姿と生きざま~」
  • 内容
    「野生で見たい」、「希少すぎてなかなか見られないから見てみたい」、「絶滅しているかもしれないが、生きているなら出会ってみたい」など、日本理科美術協会会員が一度は見てみたい、出会ってみたいと思う生き物を絵画で紹介します。

(2) ワークショップ

  • 日時
    平成28年10月8日(土曜)、15日(土曜)
    各日13時30分~15時30分(受付は15時00分まで)
  • 場所
    ウォッチングセンター 動物ホール
  • テーマ
    「私だけの生き物」を作ってみよう!
  • 内容
    いろいろな生物の体パーツを貼り合わせ、自分だけのオリジナル生物を作るワークショップです。色を塗って名前、特徴、生態を考えれば、オリジナルの新種生物の図鑑カードができあがります。
  • 定員
    各日先着50名 ※定員になり次第終了します。
  • 参加費
    無料
写真
【「りかびてん」ポスター】

ご案内

【多摩動物公園】

  • <開園時間>
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日>
    毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
  • <入園料>
    一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
    老人週間(9月15日〜21日)期間中は、60歳以上の方とその付添者(1名)は無料。
    10月1日(土曜)都民の日は入園料無料。

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る