トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 9月 > 悪質商法注意喚起プロジェクトを実施

ここから本文です。

平成28(2016)年9月1日更新

報道発表資料  2016年09月01日  生活文化局

高齢者の消費者被害防止に向けた
悪質商法注意喚起プロジェクト実施!
宅配事業者等と連携してリーフレットを届けます

都内の消費生活相談における高齢者の相談件数は、全体の3割を超える深刻な状況にあります。
このような状況を受け、平成27年度から、東京都と宅配事業者等が連携し、高齢者世帯等に悪質商法に関する注意喚起を行うプロジェクトを実施しています。
平成28年度は、連携事業者や配布部数を拡大し、より多くの人に注意喚起を行います。

図 図 図

注意喚起リーフレットを手渡しでお届けします!

事業内容

宅配業務やガス設備の法定点検等で直接ご自宅に伺う事業者が、悪質商法被害に関する注意喚起情報(リーフレット)を高齢者や高齢者を見守る方に声かけをしながら手渡しすることで、“心に届く”注意喚起をし、高齢者の消費者被害防止を目指します。
平成28年度は、約15万世帯に担当者が声かけをしながらリーフレットを手渡しします。

図

連携事業者

運送事業者

ヤマト運輸株式会社

ライフライン事業者

東京ガスNext one株式会社
(東京ガスライフバル台東/荒川/墨田)

生活協同組合

  • 生活協同組合コープみらい
  • 生活協同組合パルシステム東京
  • 東都生活協同組合
  • 生活クラブ生活協同組合
  • 東京保健生活協同組合
  • 東京ほくと医療生活協同組合

配食事業者

  • 株式会社シニアライフクリエイト(宅配クック123)
  • 株式会社秀栄(お元気宅配便)
  • 株式会社武蔵野フーズ(健康宅配)
  • 株式会社COCORO CORPORATION(至福弁)

実施時期

平成28年9月~12月

※このリーフレットは、「東京くらしWEB」でご覧になれます。

問い合わせ先

東京都消費生活総合センター活動推進課
電話 03-6228-1331

 

ページの先頭へ戻る