トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28年(2016年) > 9月 > 林試の森公園 園長と歩く 珍しい樹木の観察会(1)

ここから本文です。

平成28年(2016年)9月1日更新

報道発表資料  2016年09月01日  建設局, (公財)東京都公園協会

都立 林試の森公園
園長と歩く 珍しい樹木の観察会(1)

都立林試の森公園は、かつて林業試験場だった歴史を持つ公園です。園内には珍しい樹木が数多く生育しており、都会にありながら豊かな緑を感じられる場所です。
そんな「都会の森の博物館」である林試の森公園の樹木を園長と樹木に詳しい講師が、参加者のレベルに合わせて、丁寧に解説いたします。是非ご参加ください。

写真 写真
樹木観察会(イメージ)

(1) 日時

平成28年9月28日(水曜)13時00分~15時00分 ※荒天中止・小雨決行

(2) 場所

林試の森公園全域(集合場所:林試の森公園サービスセンター)

(3) 内容

園長と講師のレクチャーを受けながら、園内のふれあいコースを中心に樹木の観察会を行います。

(4) 講師

樹木散歩の会主宰 小田啓行氏

(5) 参加費

無料

(6) 定員

30人(先着順)

(7) 申込方法

サービスセンター受付にて申し込み(電話申し込みも可)
※氏名・住所・電話番号をお伝えください。
※定員になり次第終了にさせていただきます。

(8) 問い合わせ先

林試の森公園サービスセンター 電話:03-3792-3800

※『個人情報の取扱いについて』
お申し込みの際に頂いた個人情報につきましては、当イベントに関わるご案内のみに使用します。また、お預かりした個人情報は、その保護について万全を期すとともに、ご本人の同意なしに第三者に開示、提供することはございません。ただし、法令等により開示を求められた場合を除きます。

問い合わせ先

(公財)東京都公園協会総務課
電話 03-3232-3038
建設局公園緑地部管理課
電話 03-5320-5365

〔参考〕

林試の森公園について

明治33年(1900年)6月に当時の農商務省林野整理局が「目黒試験苗圃(びょうほ)」としてスタートしたのが始まりで、その後「林業試験場」に名称を変更、林野庁の付属となり昭和53年まで営々として使用されてきました。
そして、筑波研究学園都市の建設に伴い、移転した跡地を整備し、「目黒公園」の暫定開放期間を経て、平成元年6月1日に「都立林試の森公園」として生まれ変わり開園しました。この公園は東西に700メートル、南北に250メートルと細長く、外周の園路をぐるっと一周すると45分程で廻れます。

住所

品川区小山台2-6-11

問い合わせ先

林試の森公園サービスセンター 電話:03-3792-3800

ホームページ

公園へ行こう!(外部サイトへリンク)

交通案内

  • 東急目黒線(都営三田線・東京メトロ南北線乗入)「武蔵小山駅」から徒歩10分
  • JR渋谷駅から東急バス(恵比寿経由)五反田行き(72系統)「林試の森入口」下車 徒歩1分
    ※駐車場はありません。公共の交通機関をご利用ください。

図

園内マップ

図

ページの先頭へ戻る

東京都庁〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1交通案内 電話:03-5321-1111(代表)法人番号:8000020130001

Copyright (C) 2018 Tokyo Metropolitan Government. All Rights Reserved.