ここから本文です。

平成28(2016)年8月30日更新

報道発表資料  2016年08月30日  生活文化局

エネルギー

ヒートアイランド対策としての街路樹について

こんにちは、いろいろなヒートアイランド対策をやっていただいてありがとうございます。街路樹の枝きりについてお願いがあります。木陰は日差しから人を守るだけでなく道路の温度上昇・蓄熱量の低減もしてくれますので、なるべく夏場の間は枝葉を茂らせたままにしておいてほしいです。よろしくお願いします。

対応

今回は、貴重なご意見をいただきありがとうございました。
ご意見をお寄せいただいたとおり、日差しの厳しい夏場に木陰を提供することは、街路樹の重要な機能の一つであり、枝葉を可能な限り伸ばすことが大切と考えています。
その一方で街路樹は道路上にあり、道路の条件や沿道の土地利用を考慮しつつ、植物の生育サイクルに合わせ適切な時期に維持管理をする必要があり、また、台風など強風による倒木の未然防止といった安全性を確保することも重要です。
このため、都では街路樹の剪定を定期的に行っておりますが、夏期の剪定を行う場合には、枝葉の密度を調整するなど、倒木の防止といった安全面に配慮しつつ、夏場に木陰が十分形成されるよう剪定を行っております。また、道路の条件に応じて樹冠を大きくし、木陰をより多く作りだしていくよう計画的な剪定にも取り組んでおります。
今後とも都の道路緑化行政にご理解いただきますよう、お願いいたします。

(建設局)

ページの先頭へ戻る