ここから本文です。

平成28(2016)年8月25日更新

報道発表資料  2016年08月25日  建設局, (公財)東京動物園協会

恩賜上野動物園

1.長年飼育・長寿動物 お祝い看板の設置

恩賜上野動物園(園長 土居利光)では、9月19日の敬老の日にちなみ、園の飼育動物の中から長期にわたって飼育している動物と長寿の動物を選出し、期間限定でお祝い看板を設置します。ぜひお立ち寄りください。

1) 設置期間

平成28年9月6日(火曜)~22日(木曜・祝日)

2) 設置場所

以下の一覧表に記載されている動物の動物舎の前に掲示します。

長年飼育・長寿動物の一覧
動物 名前 性別 来園日 飼育年数 誕生年
(推定)
年齢
(推定)
エピソード
ニシゴリラ
(東園)
ピーコ メス 1993年4月18日 23年 1970年 46歳 国内では2番目に長寿のゴリラです。布を頭からかぶるのが大好きです。
シロテテナガザル
(東園)
ナポ オス 1978年6月26日 38年 1976年 40歳 2頭そろって来園し、飼育年数は38年になりました。平均寿命は25年ほどと言われていますが、2頭はまだまだ元気です。
モカ メス
ガラパゴスゾウガメ
(西園・両生爬虫類館)
カメ吉 オス 1960年3月10日 56年 1940年 76歳 当園で最も飼育年数が長い動物です。
太郎 オス 1969年2月21日 47年 1929年 87歳 当園の最長老の動物ですが、ゾウガメとしてはまだ壮年です。
イリエワニ
(西園・両生爬虫類館)
フック オス 1966年3月6日 50年 1966年 50歳 当園で2番目に長い飼育年数を誇ります。
※飼育年数と年齢は、平成28年9月19日(敬老の日)時点の数字です。
写真 写真
イリエワニ「フック」
(撮影日:平成28年7月8日)
ニシゴリラ「ピーコ」
(撮影日:平成28年5月23日)

2.「動物愛護に関する標語」入選作品を発表します!

当園では、平成28年6月9日付けプレス発表「『動物愛護に関する標語』を募集します!」でお知らせしたとおり、動物愛護週間(平成28年9月20日~26日)に向けた行事の一環として、「動物愛護に関する標語」を募集しました。
このたび、応募総数548点の中から入選作品を決定しましたので、お知らせします。入選作品は、どれも胸を打つ力作ぞろいです!たくさんのご応募、ありがとうございました。

(1) 入選作品

優秀作
いつまでも いっしょにくらそう どうぶつと 伊東隼亮(7歳)
動物の 居場所をつくろう 保護しよう 樋野茜(12歳)
ふるさとを愛する心は ふるさとの動物たちを愛する心 池田日陽(13歳)
ごりらさん ひととおんなじ てをしてる 工藤伶空(6歳)
どうぶつも たのしくくらせる まちづくり 濱口遼太(6歳)

 

佳作
大好きな 動物たちを 守ろうよ 志野咲子(12歳)
そこにある 命の輝き 大切に 北森ゆきこ(40歳)
考えよう 私とみんなの 生きる場所 松矢明莉(21歳)
どうぶつの ことを知ったら ともだちだ 谷口文王(43歳)
動物園 生きる命の 声がする 大西仁美(52歳)

 

(2) 入選作品の掲示

入選作品全12点は、西園・子ども動物園の「曲屋」(まがりや)内に掲示します。

掲示期間

平成28年9月20日(火曜)~11月15日(火曜)

※企画の都合で、場所と期間が変更になる場合があります。

ご案内

【恩賜上野動物園】

  • <開園時間>
    9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
    9月17日(土曜)、18日(日曜)は9時30分~18時00分(入園は17時00分まで)。
  • <休園日>
    毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
    9月20日(火曜)は開園。
  • <入園料>
    一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る