トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 8月 > 観光案内拠点(浅草地域)を整備・運営する事業者募集

ここから本文です。

平成28(2016)年8月17日更新

報道発表資料  2016年08月17日  産業労働局

平成28年度新規事業
広域的な観光案内拠点(浅草地域)を整備・運営する事業者を募集します

東京都では、2020年までに外国人旅行者が多く訪れる10地域(※)において、都内はもとより、都内近郊の観光情報を提供する「広域的な観光案内拠点」の整備を進めることとしています。この度、浅草地域において広域的な観光案内拠点を整備・運営する事業者を募集しますので、お知らせいたします。

1 募集対象エリア

浅草地域(浅草地域に所在する駅のいずれかの出口から500メートル以内)

2 募集事業者

区、一般社団法人、公益社団法人、一般財団法人、公益財団法人、特定非営利活動法人、商店街、商店街連合会、商工会、商工会議所、民間事業者で法人格を有する者のうち、浅草地域において広域的な観光案内拠点を整備・運営する者(審査会により1事業者を選定)

3 事業スキーム

図

4 支援内容

浅草地域において広域的な観光案内拠点を整備・運営する者として指定した事業者に対し、以下の支援を行います。

(1) 東京都による支援内容

広域的な観光案内拠点の運営に必要な支援を行います。

  1. 都が制作したデジタルサイネージの貸与
  2. 都が加入した映像付コールセンターサービスの提供
  3. ハンディガイド・マップの提供 等

(2) (公財)東京観光財団による支援内容

広域的な観光案内拠点を整備する際に必要な経費の支援を行います。(別途申請が必要です。)

  1. 補助金
    補助率:3分の2
    補助上限額:30,000千円
  2. 補助対象経費
    広域的な観光案内拠点を整備するために必要な経費

5 今後のスケジュール

申込書、質疑書の受付 8月17日(水曜)~8月24日(水曜)
質疑書に対する回答 8月26日(金曜)
事業計画書等の受付 9月7日(水曜)~9月9日(金曜)
企画提案審査会 9月16日(金曜)
事業者の決定 9月20日(火曜)

広域的な観光案内拠点とは

外国人旅行者を受け入れる観光案内を専業とし、都内はもとより、都内近郊の観光情報を提供する観光案内所

外国人旅行者が多く訪れる10地域とは

新宿・大久保、銀座、浅草、渋谷、東京駅周辺・丸の内・日本橋、秋葉原、上野、原宿・表参道・青山、お台場、六本木・赤坂(出典:「外国人旅行者の受入環境整備方針」東京都)

詳細は別添「広域的な観光案内拠点の募集要項」(PDF:280KB)をご覧ください。

※別紙1 申込書(PDF形式(PDF:274KB)/Word形式(ワード:28KB)
※別紙2 質疑書(PDF形式(PDF:276KB)/Word形式(ワード:28KB)
※別紙3 提出書類一覧(PDF形式(PDF:280KB)/Word形式(ワード:28KB)
※別紙4 応募書類(PDF形式(PDF:274KB)/Word形式(ワード:32KB)
※別紙5 誓約書(PDF形式(PDF:291KB)/Word形式(ワード:26KB)
※別紙6 事業計画書(PDF形式(PDF:312KB)/Word形式(ワード:52KB)
※別紙7 観光KIOSK端末について(補足資料)(PDF:370KB)

東京都長期ビジョン」事業
本件は「東京都長期ビジョン」の以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
都市戦略3 日本人のこころと東京の魅力の発信
政策指針7 「おもてなしの心」で世界中から訪れる人々を歓迎する都市の実現

問い合わせ先

産業労働局観光部受入環境課
電話 03-5320-4800

 

ページの先頭へ戻る