トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 8月 > スマートフォンの安全性に関する調査を実施

ここから本文です。

平成28(2016)年8月9日更新

報道発表資料  2016年08月09日  生活文化局

スマートフォンの安全性に関する調査を実施しました

東京都では、都内在住の10代以上の男女1,005人を対象としたアンケート調査等により、スマートフォンの安全性に関する調査を実施しました。その結果をお知らせします。

1 調査結果

  • 使用中や充電中に発熱!中にはやけどをした人も! 充電中には発煙発火も!(報告書P.5~10)
    こんな使い方で発熱しています
    • 充電しながら寝たら端末が腕の下にあり、発熱しやけどした。
    • 充電しながら携帯を使っていたら高熱になり、指をやけどし皮がむけた。
    • 充電中のスマートフォンを枕の下に置いたままで寝てしまって、気がついたらスマートフォンが熱くなった。
  • ひょう
    スマートフォンによる、ケガ、やけどをした経験、危なかった経験等の状況

  • 安全な使用に関する注意事項を読んでいない人が7割以上(報告書P.11)
  • 火災ややけどの原因となる使い方に危険と思っていない場合も!(報告書P.13)
    火災ややけどなどの原因となる「使用中や充電中に布団などで覆ったり包む」、「汗による水濡れ」に対し、7割以上は危険を感じていませんでした。
  • 就寝中、毎回、ベッドや布団の上にスマートフォンを置いて充電している人は約2割(報告書P.14)
  • 毛布に包んだスマートフォンは、低温やけどが起こり得る温度まで上昇
    最高温度は50℃を超えました(報告書P.27~63)
写真
発熱したスマートフォンの赤外線画像
※44℃では3~4時間、46℃では30分~1時間、50℃では2~3分で、「低温やけど」になるといわれています。
(出典:山田幸生「低温やけどについて」製品と安全第72号、製品安全協会)

 

2 消費者へのアドバイス

(1) スマートフォンによる低温やけどに注意しましょう。

スマートフォンを布団や毛布で覆ったり包んだ状態で、充電やアプリケーションを起動したままにしていると、スマートフォンは発熱します。特に、就寝時は、発熱したスマートフォンが身体に長時間触れたままになり、低温やけどを起こすおそれがあります。
寝る時は布団の上で充電しない、バックグラウンドで起動しているアプリケーションをオフにするなど、低温やけどにならないよう注意しましょう。

(2) 「危険な使い方」を取扱説明書等でよく確認し、正しく使用しましょう。

取扱説明書で危険な使い方とされている「使用中や充電中に布団などで覆う・包む」や「水や汗に濡らす」ことは、発煙・発火など火災の原因になります。
スマートフォンを使用するに当たっては、取扱説明書などで危険な使い方をよく確認し、危険な使い方はせず、正しく使いましょう。

※別添 スマートフォンの安全な使用に関する調査結果(概要)(PDF:355KB)
※別添 スマートフォンの安全な使用に関する調査報告書(全文)(PDF:2,172KB)

※詳しい内容は、東京くらしWEBホームページをご覧ください。

問い合わせ先

生活文化局消費生活部生活安全課
電話 03-5388-3082

 

ページの先頭へ戻る