ここから本文です。

平成28(2016)年8月8日更新

報道発表資料  2016年08月08日  生活文化局, 公益財団法人東京都歴史文化財団

〔別紙〕

日本の伝統芸能を文化の中心地日本橋より発信
「日本橋 熈代祭 江戸あそび ~伝統文化フェスティバル~」を開催
10月7日(金曜)~10月9日(日曜)、日本橋エリアで開催

日本橋文化交流フェスティバル実行委員会は、10月7日(金曜)から10月9日(日曜)の期間、「日本橋 熈代祭 江戸あそび ~伝統文化フェスティバル~」を、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)と三者主催事業として開催いたしますのでお知らせいたします。
本イベントは伝統芸能の実演家によるパフォーマンスや様々なワークショップを通じて、ファミリー層/訪日外国人など幅広い日本橋来街者へ伝統文化の魅力を実感いただくことを目的としております。

日本橋 熈代祭(きだいまつり)

日程

9月28日(水曜)~10月9日(日曜)

内容

日本橋の「人」にスポットライトをあて、「人」を通して日本橋の魅力に触れていただく新たな施策です。食、伝統、文化、あらゆる側面の「人」が登場し、日本橋の秋を盛り上げます。

「日本橋 熈代祭 江戸あそび ~伝統文化フェスティバル~」実施概要

※本イベントは日本橋 熈代祭の一部として実施いたします

日程

10月7日(金曜)~10月9日(日曜)

場所

日本橋エリア (コレド室町、福徳の森周辺ほか)

主催

東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、日本橋文化交流フェスティバル実行委員会

内容

江戸の文化の発信地であり、現代においても歴史的な雰囲気を残す日本橋で、伝統文化の魅力を発信し、馴染みのない人々も気軽に親しめるフェスティバルを開催します。伝統芸能の実演家によるパフォーマンスや様々な伝統文化を体験できるワークショップなど多彩なプログラムを実施します。当日は食べ歩きも楽しめる「日本橋 美食熈代屋台」も同時開催。日本の伝統・文化の魅力が日本橋に凝縮する3日間です。

各プログラム詳細:

1)熈代ステージ
  • 【日程】10月8日(土曜)、9日(日曜) 13時00分~18時00分(予定)
  • 【場所】福徳の森内特設ステージ
  • 【内容】様々な年代・ジャンルの演者による、伝統的な内容に革新的な演出を加えたステージ。
写真
特設ステージイメージ
2)伝統体験塾
  • 【日程】10月8日(土曜)、9日(日曜) 12時00分~17時00分(予定)
  • 【場所】江戸桜通り地下歩道(予定)、橋楽亭(コレド室町3 3F)
  • 【内容】お子様を対象とした日本の伝統文化の体験ワークショップ。
写真
茶道体験イメージ
(平成27年度アーツカウンシル東京主催事業より)
3)日本橋 技あり体験熈代屋台
  • 【日程】10月8日(土曜)、9日(日曜) 12時00分~18時00分(予定)
  • 【場所】福徳の森周辺
  • 【内容】日本橋の老舗店舗による様々な伝統工芸品の制作体験屋台。
4)まちなか伝統パフォーマンス
  • 【日程】10月7日(金曜)~9日(日曜)
  • 【場所】福徳の森周辺
  • 【内容】開催エリア内にて伝統文化のパフォーマンスを実施。会場に賑やかさを加えます。
5)伝統芸能公演「紅葉 日本橋~日本美と伝統芸能の饗宴~」
  • 【日程】10月9日(日曜) 16時00分開場 16時30分開演
  • 【場所】日本橋三井ホール[コレド室町1 5F(エントランスは4F)]
  • 【内容】“紅葉”と“日本橋”をテーマに、日本舞踊、狂言、邦楽を牽引してきた第一人者とこれからを担う若手出演者のコラボレーション。伝統芸能になじみの薄い人にも「わかりやすく、楽しい」プログラムを提供します。
  • 【企画・制作】明治座
  • 【チケット発売日・料金】8月25日(木曜)/一般3,800円、学生2,500円(全席指定・税込)
  • 【問い合わせ先】明治座チケットセンター 電話:03-3666-6666(10時00分~17時00分)
  • 【出演者】

写真

写真

写真

写真

吾妻流三世宗家 二代目
吾妻徳穂

宗家藤間流八世宗家
藤間勘十郎

和太鼓奏者
響道宴

能楽師狂言方大蔵流
大藏基誠

 

同時開催

日本橋 美食熈代屋台
  • 【主催】日本橋文化交流フェスティバル実行委員会
  • 【日程】10月8日(土曜)、9日(日曜) 12時00分~18時00分 (予定)
  • 【場所】福徳の森周辺
  • 【内容】日本橋三四四会を主体に、日本橋エリアの老舗や名店が集積した飲食の屋台を展開。この日限定のメニュー等も展開されます。
参考:日本橋三四四会とは

昭和34年4月に発足したことからこの名がつけられた、日本橋料理飲食業組合の青年部。会員数は60名以上、加盟店舗は老舗や新店舗など幅広く、江戸より続く歴史的な佇まいを残す“伝統”と、超近代的都市の“革新”が巧みに融合し、良き相乗効果を生み出す日本橋ならではのコミュニティです。安心、安全な食、本物の味を伝えていくことを理念とし、日本橋の街から食の豊かさを発信しています。

※内容は都合により変更になる場合がございます。

問い合わせ先

(一般問い合わせ)
日本橋 熈代祭 事務局
電話 03-3242-0010(10時00分~21時00分)
(報道関係問い合わせ)
日本橋 熈代祭 広報事務局(株式会社プラップジャパン内)
電話 03-4580-9101
ファクス 03-4580-9127
Eメール nihonbashi-pr(at)ml.prap.co.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。
お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

 

ページの先頭へ戻る