ここから本文です。

平成28(2016)年8月2日更新

報道発表資料  2016年08月02日  都市整備局,環境局

〔別紙〕

アスベストの飛散防止に関する指導内容

今回のパトロールで、アスベストの飛散防止に関して指導した主な内容は、下記のとおりです。

1)建材のアスベストの事前調査をすること

飛散防止対策せずにアスベストを含む建材を除去すると、周辺にアスベストを飛散させてしまいます。
このため、大気汚染防止法及び東京都環境確保条例では、解体等の工事を実施する前に、工事の対象となる部分におけるアスベストを含む建材の有無を調査し、アスベストを含む建材があれば飛散防止対策をすることを、施工者に対して義務付けています。

2)建材のアスベストの事前調査結果を掲示すること

大気汚染防止法では、工事現場の見やすい位置にアスベストの事前調査結果(調査日、アスベストの有無等)について掲示することを、施工者に対して義務付けています。
解体等工事現場の周辺住民は、この掲示によってその工事現場にアスベストが有るかどうかを知ることができます。

立入検査では、アスベストの事前調査を実施しているか、またその結果を掲示しているか確認しています。

問合せ先

建築物の解体や改修等の工事現場にアスベストの事前調査結果の掲示がない場合等は、下記までお知らせください。

工事の場所 問合せ先 備考
23区 各区の環境主管課  
八王子市 八王子市環境部環境保全課  
市(八王子市を除く) 各市の環境主管課 延べ床面積が2,000平方メートル未満の建築物
東京都多摩環境事務所
環境改善課
電話:042-523-0238
延べ床面積が2,000平方メートル以上の建築物
全ての工作物
西多摩郡の町村  
島しょ 東京都環境局環境改善部
大気保全課
電話:03-5388-3493
 

ページの先頭へ戻る