トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 7月 > 「隅田川流域」等の河川整備計画を変更

ここから本文です。

報道発表資料  2016年7月21日  建設局

「隅田川流域」、「江東内部河川」及び
「中川・綾瀬川圏域」の河川整備計画を変更しました
洪水、地震に対してより安全な川を目指します

 東京都は、隅田川流域、江東内部河川及び中川・綾瀬川圏域において、東日本大震災を踏まえ堤防や水門等の耐震・耐水対策を実施するために、河川整備計画の変更を行いました。
 この河川整備計画は、水害から都民の命と暮らしを守るとともに、うるおいとやすらぎのある水辺を創出するため、今後東京都が取り組んでいく治水や利水、環境に関する事項について、地域の皆様や学識経験者及び流域の自治体から頂いた意見を反映させて策定したものです。
 今後は、この計画に基づき、安全な川づくりを進めるとともに、河川環境の向上と保全に努めていきます。

画像

河川整備計画の主な変更ポイント

地震・津波等に対する安全性の向上

 東日本大震災を受けて策定した「東部低地帯の河川施設整備計画」(平成24年12月)に基づき、将来にわたって考えられる最大級の強さをもつ地震に対して堤防や、水門及び排水機場などの機能を保持し、津波等による浸水を防ぐために、堤防の耐震性、水門などの耐震性・耐水性を確保していきます。

画像

※耐水機能の確保
 水門等の設備の設置位置を高くすることや水密化を行うことで、万一浸水した場合にも施設の機能を維持することをいう。

にぎわいが生まれる水辺空間の創出

 隅田川流域については、人々が集い、にぎわいが生まれる水辺空間の創出に向け、回遊性を向上させる「水辺の動線」の強化を進めます。また、川と街の結びつきを強化する「にぎわい誘導エリア」を設定し、人々が集う魅力的な水辺空間を創出していきます。

画像
テラスを活用した地域のお祭り(両国)

隅田川流域、江東内部河川及び中川・綾瀬川圏域の概要

 隅田川流域、江東内部河川及び中川・綾瀬川圏域を含む東京の東部低地帯は、大正から昭和40年代に地盤沈下が進行した影響で、満潮位より地盤高が低い「ゼロメートル地帯」が広範囲に分布しており、さらに地盤が軟弱なことから、災害への備えが重要な地域です。

画像
隅田川流域、江東内部河川及び中川・綾瀬川圏域の位置図

※現行の河川整備計画は、隅田川流域は平成19年6月に、江東内部河川は平成17年9月に、中川・綾瀬川圏域では平成18年3月に策定しています。

河川整備計画の閲覧について

  • 建設局ホームページ
  • 建設局河川部 川の相談コーナー
     東京都庁第二本庁舎6階
  • 河川を所管する建設事務所
    • 隅田川流域
       東京都第一建設事務所、東京都第五建設事務所、東京都第六建設事務所、東京都江東治水事務所
    • 江東内部河川
       東京都第五建設事務所、東京都江東治水事務所
    • 中川・綾瀬川圏域
       東京都第五建設事務所、東京都第六建設事務所、東京都江東治水事務所

東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略4「安全・安心な都市の実現」
 政策指針9「災害への備えにより被害を最小化する高度な防災都市の実現」

問い合わせ先
建設局河川部低地対策担当
 電話 03-5320-5413

ページの先頭へ戻る