ここから本文です。

平成28(2016)年7月25日更新

報道発表資料

水道・下水道

水の有効利用について

 猛暑の多い日本の夏には、風呂の残り湯を使ったエコロジーな活用を考えていくべきだと思う。
 各家庭で毎日ただ捨てられている風呂の残り湯は膨大な量です。それを庭木やベランダの植木に水を与えたり、玄関等の打ち水に使うべきだと思う。
 一般家庭の風呂の残り湯の活用を推進していくべきだと思う。
 人口の多い東京都が模範を示し、広めていくべきだ。

取組

 このたびは、お風呂の残り湯を使った水の再利用について貴重なご意見をいただきましてありがとうございます。
 都では、ご家庭で出来る節水の取組としてお風呂の残り湯を洗濯や掃除、散水などに再利用することを紹介しています。
 また、暑さ対策の取組のひとつとして「打ち水」を推進しており、その際、お風呂の残り湯や再生水等を利用することをお願いしています。
 今後とも、節水に関する取組のPRや、環境にやさしい打ち水の普及を図ってまいりますので、引き続きご協力いただきますよう、よろしくお願い致します。

(水道局、環境局)

ページの先頭へ戻る