トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 7月 > NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年7月27日  オリンピック・パラリンピック準備局

パラリンピック競技の魅力を体感しよう!
「NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」を開催します

 東京都は、パラリンピック競技の魅力を多くの方に知っていただくため、「NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」を下記のとおり実施します。
 本事業は、東京2020パラリンピック競技大会の開催4年前となる8月25日から、都営大江戸線の駅構内でパラリンピック競技の魅力を体感できる企画展示を行うものです。企画展示では、LEDパネルやプロジェクションマッピング、立体展示等を活用し、東京2020パラリンピック競技大会の全22競技や選手の迫力・躍動感を表現します。

※都は、平成27年度から都内各所で東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」を展開しており、今回の企画展示はその特別版と位置付けています。都は、これらの事業を通じ、引き続きパラリンピック競技の理解促進や東京2020大会の開催気運の醸成に取り組んでいきます。

1 実施日程

 平成28年8月25日(木曜)から9月21日(水曜)まで
※8月25日(木曜)に、都庁前駅地下一階コンコースにてオープニングセレモニーを実施します。(詳細は別途お知らせいたします。)

2 会場

 都営大江戸線内 22駅構内(展示競技は別紙のとおり)

3 実施内容

  1. 展示:東京2020パラリンピック大会の全22競技を立体展示等で紹介
    • 総合展示(都庁前駅)
       競技用具等を活用した全22競技の展示やリオ大会に関する情報紹介等
    • 各駅展示(その他21駅)
       各競技の特徴をとらえ、競技や選手の躍動感を表現した展示
  2. 電車内液晶モニターを利用したオリジナルムービーの放映
  3. 各企画展示を周遊するスタンプラリーの実施

4 実施体制(予定)

 主催:東京都
 後援:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
 協力:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

※東京都パラリンピック体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」について
 パラリンピックの普及啓発を図るため、平成27年度から、区市町村や都各局等が主催する、広く都民が集まるイベントに、パラリンピック競技の体験や展示等パラリンピックの魅力を体験できるプログラムを都が提供する事業。
 事業名称である「NO LIMITS CHALLENGE」は、パラアスリートの無限の可能性を表現した言葉「失われたものを数えるな、残された機能を最大限に活かせ」を表現した「NO LIMITS」と、参加型イベントであることを想起させる「CHALLENGE」という2つの言葉を由来としています。

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局総合調整部連携推進課
 電話 03-5388-2496

〔別紙〕

  駅名 展示競技(予定)
1 都庁前駅 総合展示(全22競技)
2 新宿駅 トライアスロン
3 代々木駅 ウィルチェアーラグビー
4 国立競技場駅 テコンドー、バドミントン
5 青山一丁目駅 車いすテニス
6 六本木駅 自転車競技
7 麻布十番駅 パワーリフティング
8 赤羽橋駅 ボート
9 大門駅 車椅子バスケットボール
10 汐留駅 射撃
11 月島駅 ゴールボール
12 門前仲町駅 陸上競技
13 清澄白河駅 カヌー
14 森下駅 車いすフェンシング
15 蔵前駅 シッティングバレーボール
16 新御徒町駅 ボッチャ
17 上野御徒町駅 卓球
18 春日駅 柔道
19 新宿西口駅 水泳
20 中野坂上駅 5人制サッカー
21 練馬駅 馬術
22 光が丘駅 アーチェリー

≪展示イメージ≫
画像 画像
総合展示 車椅子バスケットボール

ページの先頭へ戻る