ここから本文です。

平成28(2016)年7月28日更新

報道発表資料

〔別紙〕

借受者の法人及び提案内容の概要

(1) 法人の概要

法人名 社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団
理事長 古閑学
所在地 東京都世田谷区世田谷一丁目23番2号
設立年月 平成6年9月
主な運営施設 特別養護老人ホーム 2施設
通所介護事業所 6箇所
訪問看護事業所 5箇所
訪問介護事業所 2箇所
居宅介護支援事業所 4箇所
地域包括支援センター 5箇所

(2) 提案内容の概要(審査のポイント)

組織運営の適格性
  • 法令等に基づき、適切な構成の運営組織による事業運営が行われている。
  • 世田谷区内を基盤に、特別養護老人ホーム、通所介護事業所等の介護サービスから介護人材育成まで豊富な運営実績がある。
財政運営の安定性
  • 施設整備資金のほかに、事業開始当初の運営資金が確保されている。
  • 有利子負債はなく、財務状況等は健全である。
事業運営の確実性
  • 法人が運営する他施設と入居者同士の交流、職員研修、緊急時対応等、あらゆる場面で連携・バックアップ体制をとる計画となっている。
  • 法令に基づく施設基準その他の要件を満たしている。
事業計画の妥当性
  • 建物の配置等、地域住民に配慮した計画となっている。
  • 当該事業を継続的・安定的に運営するために必要な資金計画・収支計画が策定されている。
  • 地域との交流・連携について、積極的な計画が提案されている。
総評
  • 事業計画や過去の実績等から、適正・適格な事業者であり、長期にわたって安定した事業運営と質の高いサービス提供が期待できる。

ページの先頭へ戻る