トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 7月 > 恩賜上野動物園 ニシゴリラの「ムサシ」が死亡

ここから本文です。

報道発表資料  2016年7月26日  建設局

恩賜上野動物園情報
ニシゴリラの「ムサシ」よ やすらかに

 恩賜上野動物園(園長 土居利光)ではニシゴリラの「ムサシ」が死亡しましたので、お知らせします。

画像
【ムサシ】(2012年撮影)

1.死亡したニシゴリラ

(1) 死亡確認日

 平成28年7月25日(月曜)

(2) 名前

 ムサシ

(3) 性別

 オス

(4) 年齢

 36歳
 1980年7月4日イギリス・ブリストル動物園生まれ

(5) 来園

 2000年10月6日 釧路市動物園(北海道釧路市)より来園

(6) 死因

 肺炎

(7) 経緯

 2016年6月14日に体の震えなどの症状が見られ、2007年に発症した脳梗塞の再発を疑い治療を行ってきましたが、次第に元気・食欲を失い、7月18日から飼育係の呼びかけに応えなくなりました。
 7月25日午後から全身麻酔下での検査を実施しましたが、麻酔からの覚醒時に体調が急変しました。蘇生処置を施しましたが、残念ながら19時00分に死亡を確認しました。

2.「ムサシ」について

 イギリスのブリストル動物園で生まれ、1982年から北海道の釧路市動物園で飼育されていました。当園には2000年10月にブリ-ディングローンで来園し、当園で飼育されていたメスたちと同居を試みてきましたが繁殖には至りませんでした。
 2007年7月に脳梗塞と思われる発作を発症し、右上半身に麻痺が見られるようになり、投薬治療を継続していました。
 単独生活が長かったため、当園でゴリラ同士の関係を築くことが難しかったのですが、飼育係にはとても友好的な優しいゴリラでした。

※ブリーディングローンについて
 繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。所有権を移さずに動物園間で動物を移動させることによって、新たなペアの形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

3.当園の飼育状況(2016年7月26日現在)

7頭(オス1頭、メス6頭)
オス 「ハオコ」 22歳 2007年6月27日 オーストラリアのタロンガ動物園より来園
メス 「ピーコ」 推定46歳 1993年4月18日 広島市安佐動物公園より来園
  「トト」 推定38歳 1999年7月9日 静岡市立日本平動物園より来園
  「ナナ」 推定34歳 2006年12月5日 愛媛県立とべ動物園より来園
  「モモコ」 33歳 2008年12月2日 千葉市動物公園より来園
  「コモモ」 6歳 2009年11月14日 当園生まれ
  「モモカ」 3歳 2013年4月24日 当園生まれ

4.国内の飼育状況(2016年7月26日現在)

  • 日本国内の飼育状況
     7園20頭(オス9頭、メス11頭)
  • 資料
     2015年ニシゴリラ国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】より改訂

参考

 ニシゴリラ(霊長目 ヒト科)
 (ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト:CR(近絶滅種)、東京都ズーストック種)
※「1表」の数字の正しい表記はローマ数字です。

  • 学名
     Gorilla gorilla gorilla
  • 英名
     Western Lowland Gorilla
  • 頭胴長
     150~170センチメートル
  • 体重
     90~180キログラム
  • 分布
     コンゴ、ガボン、カメルーンなどの熱帯林に生息している。
  • 生態等
     体色は黒色が基本であるが、褐色や灰色がかっていることが多く、オスは頭の毛が赤茶色の個体が多い。成獣のオスは、背中から太股にかけて体毛が白くなる「シルバーバック」になる。シルバーバックのオス1頭にメス数頭とその子供たちからなる10頭前後の群れで生活している。アフリカショウガやクズウコンなどの草木の他、果物、昆虫も食べる。
     西アフリカで、約20万頭以下が生息していると推測されているが、環境破壊、病気、狩猟で減少の危機にさらされている。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【恩賜上野動物園】
 電話 03-3828-5171
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る