トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 7月 > 知事専用車使用の経費返還 住民監査請求監査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2016年7月8日  監査事務局

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した
経費の返還を求める住民監査請求の監査結果について

 平成28年5月13日付で提出された住民監査請求について、監査委員から、次のような監査結果が出されましたのでお知らせします。
 なお、今回の監査結果では、結論とあわせて意見が付されております。

1 結論
 前知事が神奈川県湯河原町にある建物まで知事専用車を使用して復路通勤した経費について、都は前知事に対する本件債権の行使を怠っているとする請求人の主張には理由がない。
2 意見
 公務終了後、前知事を都外の自宅以外の場所まで送り届けるため、ほぼ毎週末、知事専用車の運行をしていたことは、違法・不当であるといえないものの都民の理解が得難いと思われる。
 財務局は、政策企画局と連携の上、知事専用車の厳格な運行に努められたい。

請求の内容

 平成27年4月から約1年にわたり、舛添前東京都知事が神奈川県湯河原町にある別荘まで知事専用車を使用して復路通勤した経費について、都は前知事に対する不当利得返還請求権の行使を怠っているとして、その行使を求めた。

監査対象局

財務局

判断要旨

  • 「自宅への送迎における知事専用車の使用は、公的活動と私的活動との切替え時においても、機動性を確保し、危機管理を徹底しようとするものであるから、その使用は合理性を有するといえるところ、自宅への送迎でなくとも、公的活動と私的活動との切替え時における合理的な方法及び態様で知事専用車を使用することは、機動性の確保及び危機管理の徹底の観点から、知事専用車が設けられた趣旨及び目的にかなうものである」(平成20年2月8日 東京地裁判決)
  • 神奈川県湯河原町にある建物は、前知事にとって世田谷区にある自宅同様、前知事の活動の一つの拠点と考えられ、前知事が私的な日常活動の拠点とするのに不適当な場所といえず、執務場所である都庁からの所要時間も片道2時間程度であることを考慮すると、社会通念上、自動車を利用して移動する距離として長すぎるものとはいえない。

※監査結果の全文については、別添「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果」(PDF形式:279KB)をご覧ください。

問い合わせ先
監査事務局総務課
 電話 03-5320-7011
 電話 03-5320-7018

ページの先頭へ戻る