トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 7月 > 都立動物園・水族園のホームページに不正アクセス発生

ここから本文です。

報道発表資料  2016年7月7日  建設局

都立動物園・水族園のホームページへの不正アクセスについて

 公益財団法人東京動物園協会(理事長 藤井芳弘)が管理運営する東京動物園・水族園のホームページが外部からの不正アクセスにより改ざんを受けるとともに、メールマガジン「ズー・エクスプレス」登録者等のメールアドレス情報が流出しました。
 このため現在、ホームページは公開を停止中です。関係者の皆様には、多大なご迷惑をおかけし、深くお詫びを申し上げます。

1.経緯

  • 平成28年7月7日午前6時35分頃
     職員が都立動物園・水族園公式ホームページ「東京ズーネット」の記事が改ざんされたことを確認
  • 同日午前6時45分頃
     改ざんされたページを削除
  • 同日午前9時20分頃
     「東京ズーネット」を閉鎖
  • 同日午前11時10分頃
     不正アクセスによりメールマガジン「ズー・エクスプレス」登録者等のアドレス(21,688件)の流出を確認

※引き続きウェブサイトの状況を調査するとともに、原因の追究にも努めています。

2.今後の対応

 メールマガジン登録者宛てに今回のメールアドレスの流出について、メールにより謝罪及び注意喚起を行うとともに、原因の究明を行い、今回のような不正アクセスを防ぐための対処を行います。
 また、本日、(公財)東京動物園協会では情報セキュリティ委員会を開催するとともに、建設局においても建設局個人情報漏えい事故対策本部を立ちあげ、再発防止策を徹底しました。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会総務部総務課
 電話 03-3828-2143
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る