ここから本文です。

平成28(2016)年7月1日更新

報道発表資料

〔別紙〕

制度の概要

(1) 評価事業対象者

 営業地を問わず、都内に貨物を運送する貨物自動車運送事業者(緑・黒ナンバー事業者)が対象です。営業所単位でなく「会社全体」に対する評価を行います。

(2) 審査事項

  1. ドライバーへの教育訓練、指導体制構築の状況
     エコドライブ実践のため継続的な教育訓練、指導等を行う体制を構築していること。
  2. 燃費管理の状況
     車両ごとにドライバーが燃料補給時に走行距離と給油量を記録するとともに、運行管理者等により実走行燃費を管理していること。(事業者の全車両の前年度1年分の燃費記録が必要です。)
  3. 燃費データベース構築の状況
     取組内容の適時改善のため、燃費記録をデータベースで集計・分析していること。

(3) 評価方法・結果

 一般社団法人東京都トラック協会の「グリーン・エコプロジェクト」で蓄積した月単位の燃費データ約42万件から車種・重量等により設定した52区分の平均燃費値(ベンチマーク)をもとに、事業者の個々の自動車の実走行燃費の偏差値を算出し、各事業者の全車両の平均偏差値で評価を行います。

 (58.5以上:3つ星、52.6以上58.5未満:2つ星、52.6未満:1つ星)

※なお、評価事業者は、日常的な燃費管理の状況などから評価しており、1つ星であってもCO2削減の取組は優れたレベルにあるといえます。

(4) 評価ロゴマーク

 評価事業者は、2016年度の認証マークを車両や名刺等に表示することができます。

ページの先頭へ戻る