ここから本文です。

平成28(2016)年6月21日更新

報道発表資料

多摩動物公園

ニホンコウノトリ、29年連続で誕生!!
ヒナがすくすく成長中です!

 多摩動物公園(園長 福田豊)では、5月にニホンコウノトリのヒナが孵化し、今年で連続29年の繁殖成功となりました。ヒナは献身的に世話をする親鳥によりすくすく育っています。

画像
5月8日に誕生したヒナ

1.今年孵化したニホンコウノトリ(性別不明)

 孵化日:平成28年5月8日(日曜)誕生数:1羽

2.繁殖の経過について

 当園では、ニホンコウノトリの計画的な繁殖を行っており、その保全事業にも大きく貢献しています。
 今年は、未発生卵を兵庫県立コウノトリの郷公園へ輸送したことに加え、国内のニホンコウノトリの遺伝的多様性管理のために繁殖制限を行ったため、1羽のみの孵化となりました。ヒナは順調に育っており、子育ての様子を観覧通路からご覧いただけます。

※未発生卵:産卵後の加温(親による抱卵など)がされておらず、卵内部の細胞分裂が進んでいない状態の卵のこと。発生途中の卵と比べて温度や振動などの外部環境の変化に強いとされている一方、未発生のため有精・無精の判定はできない。

3.当園のニホンコウノトリの飼育について

 当園では、昭和63年に日本で最初となる飼育下でのニホンコウノトリ繁殖に成功して以来順調に繁殖が続き、今年で29年連続の繁殖成功となりました。日本における飼育下でのニホンコウノトリ個体数維持に大きく貢献しています。
 また、兵庫県豊岡市にある兵庫県立コウノトリの郷公園で、平成17年から実施されている放鳥事業(ニホンコウノトリを自然に帰す活動)へ、個体や卵を提供するなどの協力も行っています。

4.兵庫県立コウノトリの郷公園との卵の交換について

 多摩動物公園では、今年4月に兵庫県立コウノトリの郷公園へ、ニホンコウノトリの未発生卵の輸送を実施しました(平成28年4月6日兵庫県立コウノトリの郷公園発表済)。当園の2ペアから採取された未発生卵4卵が、4月6日にコウノトリの郷公園へ輸送されています。
 その結果4卵とも発生が確認され、このうち2卵はコウノトリの郷公園の仮親に托卵、5月8日に無事孵化しました。現在、この2羽のヒナも順調に育っています。

5.当園での飼育状況(2016年6月21日現在)

 55羽(オス28羽、メス26羽、不明1羽 ※不明な1羽は今回誕生した個体)

6.国内の飼育状況(2016年1月12日現在)

 19施設 196羽(オス97羽、メス92羽、不明7羽)
※資料:コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル
 (公社)日本動物園水族館協会

参考

 ニホンコウノトリ
 (ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、特別天然記念物、東京都ズーストック種)
※1表、1Bの正しい表記はローマ数字です。

  • 学名
     Ciconia boyciana
  • 英名
     Oriental white stork
  • 分類
     コウノトリ目 コウノトリ科
  • 分布
     東アジアの草原や湿地
  • 生態等
     全長約1.2メートル、体重約4キログラム。魚・カエル・ザリガニ・バッタなどを食べる。コウノトリは1回の産卵で2~5個の卵を産み、孵化日数は約30日とされ、孵化してから巣立ちまで約60日かかる。明治以前には日本でも普通に見られた鳥だが、乱獲や農薬など、環境の変化により野生のものは日本から姿を消してしまった。

「ムササビの棲む森を見よう」参加者募集!

 当園では、日没にかけて滑空するムササビがどんな森に棲んでいるのかを考えながら行う自然観察会を開催します。観察前に、当園でムササビの棲む場所や滑空の秘密などを探るレクチャーを行い、その後、夜間運転中のケーブルカーを往復利用して高尾山薬王院に移動します。ムササビの生活環境を観察しながら、それを育む自然について一緒に考えてみませんか。
※ムササビは野生動物のため、観察できない場合があります。

1.日時

 平成28年9月4日(日曜) 14時00分~20時30分頃
 平成28年9月4日(日曜) 14時00分 ウォッチングセンター動物ホール集合
 平成28年9月4日(日曜) 20時30分 京王高尾線「高尾山口駅」解散

2.場所

 当園及び高尾山薬王院周辺
※小雨決行です。雨天時・荒天予報時は中止しますが、動物園でレクチャーを実施します。

3.対象

 小学4年生以上(小学生は保護者同伴)

4.定員

 40名

5.参加費

 大人:1,000円、小学生:500円(ケーブルカー代・資料代など)
※多摩動物公園~高尾山口駅までの交通費は各自でご負担ください。

6.応募方法

 往復はがきに、参加希望者全員の氏名(1枚に5名まで可)・ふりがな・年齢(学年)・代表者の住所・当日連絡のとれる電話番号、返信面に代表者の住所・氏名を明記し、以下のあて先までお申し込みください。
 なお、保険手続きの関係上、参加ははがきに記載の方に限らせていただきます。

【あて先】
 〒191-0042 日野市程久保7-1-1
 多摩動物公園「ムササビの棲む森を見よう」係

7.締切

 平成28年8月1日(月曜)消印有効
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせします。

画像
高尾での観察会の様子

ご案内

【多摩動物公園】

  • <開園時間>
     9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
     8月毎週土曜・日曜及び15日(月曜)、16日(火曜)は9時30分~20時00分(入園は19時00分まで)。
  • <休園日>
     毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
  • <入園料>
     一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

ページの先頭へ戻る