ここから本文です。

報道発表資料  2016年6月30日  福祉保健局

児童扶養手当の支給誤りについて

 東京都では、児童扶養手当法に基づき、都内町村分の児童扶養手当の認定・支給事務を行っています。
 このたび、電算システムのプログラム設定に誤りがあり、調査の結果、2名の方に誤支給があったことが判明しました。
 当該受給者の方に多大な御迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

1 概要と経緯

  • 児童扶養手当については、手当受給開始から5年等を経過し、一定の要件に該当すると、一部支給停止の対象となります。
  • 平成28年6月17日に、電算システム開発・運用の委託業者から、一部支給停止の上限額設定に係るプログラム設定に誤りがあるとの報告がありました。
  • 委託業者からの報告を受け、全受給者に係る上限額設定及び誤支給の有無について調査したところ、2名の方に誤支給があったことが判明しました。
  • 誤支給があった2名の方に対し、お詫びと御説明を行いました。

2 誤支給の該当人数及び金額

  人数 誤支給額
過払い 1人 1,470円
過少払い 1人 1,080円

3 今後の対応

  • 誤支給があった2名の方への追加支給等の手続について、早急に対応してまいります。
  • 支給誤りの原因となったシステムの改修を行うとともに、再発防止に努めます。

問い合わせ先
福祉保健局少子社会対策部育成支援課
 電話 03-5320-4123

ページの先頭へ戻る