トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 6月 > 東京の魅力を形づくる「人」や「歴史」を発信

ここから本文です。

報道発表資料  2016年6月23日  産業労働局

東京ブランド発信事業
東京ブランド公式サイトで
東京の魅力を形づくる、「人」や「歴史」を発信

 東京都は、世界一の観光都市を目指し、国内外に向けて旅行地としての東京を強く印象づける「東京ブランド」の確立に向けた取組を行っています。
 本日より、東京ブランド公式サイトで東京の魅力を形づくる「人」や「歴史」にフォーカスを当てたコンテンツを新たに掲載するほか、「RIVERSIDE&TOKYO」の画像投稿キャンペーンも開始し、ウェブサイトを通して東京の魅力を世界に発信します。

1 日刊「人」:東京の魅力を形づくる「人」を紹介

内容

 東京の様々な地域と職種の「人」にフォーカスを当て、東京の文化や魅力を伝えていきます。

画像
東京の魅力を形づくる「人」

配信予定日

 平成28年6月23日(木曜)~平成28年7月21日(木曜)
 合計で20名の方をフォーカスする予定です。
※平成28年11月~平成29年1月に追加配信予定。
(60名程度を追加で予定しています。)

公開形式

  1. 東京ブランド公式サイトで、6月23日から最初の4名の方を紹介し、順次掲載する方を増やしていきます。
  2. 東京ブランドのフェイスブック、ツイッターの公式アカウントで公式サイトに投稿された方を毎日1名ずつご紹介します。

今回公開予定の4名

  1. YUKA/6%DOKIDOKIショップガール
     アートディレクターの増田セバスチャンがプロデュースした原宿のアパレルショップ6%DOKIDOKIのショップガール。雑誌やテレビに数多く出演し、6%DOKIDOKIのコンセプト、“センセーショナルラブリー”を体現している。ショップガールとして海外でのファッションショー等も経験、世界中からファンが原宿のショップに訪れる。
  2. 笠原以津子/手描き友禅師
     無線友禅と糸目友禅を7年間修業した後に独立。自宅での友禅教室や各地のカルチャーセンターで手描き友禅を教えながら、各地の職人展や産業展に出展し個展も開催。2014年にはパリのイベントに出展するなど、友禅の魅力を広く伝えるために国内にとどまらない活動をみせている。
  3. 宇佐美良/ホステルキュレーター
     2015年12月にオープンした「泊まれるギャラリー」がコンセプトのホステル「ARTnSHELTER」(アーテンシェルター)。1階のギャラリースペースとカフェバーの責任者としてキュレーションを行っている。2・3階はホステルスペースとなっている。
  4. 堀口徹/江戸切子職人
     日本の伝統工芸士。江戸切子の老舗、堀口硝子の流れを汲みながらも、堀口徹が堀口硝子在籍時代に学んだ技術と知識で新たな江戸切子の領域を作り上げるべく日々研鑽に努めています。また時流を意識した創作活動で近年より海外での出品なども展開しています。

2 HISTORY:東京の魅力を形作る「歴史」を刻む写真を一般から募集・投稿

内容

 伝統と革新が交差しながら、新しいスタイルを創り出している東京。
 東京の歴史を語る写真を一般の方から投稿してもらい、東京の更なる魅力として紹介します。

公開日

 平成28年6月23日(木曜)にTOPページを公開。
 平成28年7月11日(月曜)からサイト上で投稿と閲覧を開始。

画像
「HISTORY」ページ

3 「&TOKYO」画像投稿キャンペーン「RIVERSIDE &TOKYO」の開始

内容

 東京の魅力を発信する画像投稿キャンペーン「RIVERSIDE&TOKYO」として、「水の都・東京」についての投稿を募集します。

募集期間

 平成28年7月1日(金曜)~9月30日(金曜)

4 その他

 内容

 東京ブランドロゴ「&TOKYO」と様々な言葉を組み合わせたロゴを自動で生成できるジェネレーターについて、これまではローマ字、数字のみの対応でしたが、日本語(漢字・ひらがな・カタカナ)でも組み合わせロゴを生成できるようになります。

東京都長期ビジョン事業
本件は東京都長期ビジョンにおける、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略3 「日本人のこころと東京の魅力の発信」
 政策指針7 「「おもてなしの心」で世界中から訪れる人々を歓迎する都市の実現」

問い合わせ先
産業労働局観光部企画課
 電話 03-5320-4723

ページの先頭へ戻る