トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 6月 > 観光案内拠点(銀座地域)を整備・運営する事業者を指定

ここから本文です。

報道発表資料  2016年6月14日  産業労働局

平成28年度新規事業
広域的な観光案内拠点(銀座地域)を整備・運営する事業者を指定しました

 東京都では、2020年までに、外国人旅行者が多く訪れる10地域において、都内はもとより、都内近郊の観光情報を提供する「広域的な観光案内拠点」の整備を進めることとしています。このたび、銀座地域において広域的な観光案内拠点を整備・運営する事業者を公募し、審査の結果以下の通り指定しましたのでお知らせいたします。

1 指定事業者

 中央区

2 広域的な観光案内拠点として指定する観光案内所

 中央区観光情報センター(仮称)
 住所:中央区京橋2-2「京橋エドグラン」地下1階、1階

3 指定理由

 利用者に提供するサービスや多言語対応の審査項目において、総合的に高く評価された。

4 今後の予定

 平成28年11月に開設予定

東京都長期ビジョン」事業
本件は「東京都長期ビジョン」の以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略3 日本人のこころと東京の魅力の発信
 政策指針7 「おもてなしの心」で世界中から訪れる人々を歓迎する都市の実現

問い合わせ先
産業労働局観光部受入環境課
 電話 03-5320-4800

ページの先頭へ戻る