ここから本文です。

平成28(2016)年6月9日更新

報道発表資料

平成28年度 東京都まちづくり功労者 一覧

団体名 まちづくりの対象行為又は事業 功績の概要 完成図等
府中市日新町四丁目土地区画整理組合
【府中市】
土地区画整理事業施行  施行地区の大半は農地で道路等の公共施設が未整備であったが、行き止まり道路を設ける小規模な宅地開発により住宅地が形成され、地域のスプロール化が懸念されていた。施行地区と接し、同様の問題を抱える国立市下新田地区と同時に土地区画整理事業を施行することで公共施設の整備、営農環境の改善、良好な住宅地の形成に貢献した。 画像
国立市下新田土地区画整理組合
【国立市】
土地区画整理事業施行  施行地区の大半は農地で道路等の公共施設が未整備であったが、小規模な宅地開発により住宅地が形成され、地域のスプロール化が懸念されていた。当事業では、施行地区と接し、同様の問題を抱える府中市日新町4丁目地区と同時に土地区画整理事業を施行することで公共施設の整備、営農環境の改善、良好な住宅地の形成に貢献した。 画像
京急蒲田西口駅前地区市街地再開発組合
【大田区】
市街地再開発事業施行  京急蒲田西口駅前地区は道路交通機能が脆弱で、狭小な土地に経年の進んだ建物が密集しており、都市防災等に課題があったが、再開発ビルと交通広場等の公共施設を一体的に整備することで、防災性の向上や地域の賑わい強化、居住環境の改善等に貢献した。 画像
西富久地区市街地再開発組合
【新宿区】
市街地再開発事業施行  地域住民の「もう一度地域のコミュニティを取り戻しずっと住み続けたい」という願いのもと、早稲田大学の協力を得て「まちづくり組合」を立ち上げ、更に平成21年には市街地再開発組合に発展させ、安心で安全な「住み続けられるまちづくり」を実現させた。 画像
北品川五丁目第1地区市街地再開発組合
【品川区】
市街地再開発事業施行  骨格となる地区幹線道路等の整備を行うことで周辺地域と連続する都市基盤施設のネットワークを形成するとともに、土地の高度利用による耐震性の高い建物を築造することで、防災性の向上を図り、また副都心に相応しい高度な都市機能集積や、業務・住宅・商業・地域コミュニティ施設・子育て支援施設等といった多様な機能を備えた建築物を整備し、賑わいのあるまちづくりに貢献した。 画像
二子玉川東第二地区市街地再開発組合
【世田谷区】
市街地再開発事業施行  道路や交通広場の整備による交通結節機能の向上及び歩行者専用の公開空地の整備により歩車分離された安全・安心な歩行者空間の創出がなされ、また、多種多様な商業・業務サービス機能の充実と緑豊かな環境における住宅供給が行われることで、世田谷区の広域生活・文化拠点にふさわしいまちづくりに貢献した。 画像

ページの先頭へ戻る