トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 6月 > 多摩動物公園 絶滅危惧種「タスマニアデビル」を公開

ここから本文です。

報道発表資料  2016年6月2日  建設局

多摩動物公園情報
絶滅危惧種の肉食性有袋類 タスマニアデビルを公開します!

 多摩動物公園(園長 福田豊)では、オーストラリア連邦タスマニア州のトロワナ・ワイルドライフパークより、タスマニアデビル2頭が来園しました。このたび公開日が決まり、一般の方も参加していただけるお披露目会や、関連のイベントを行いますのでお知らせします。

画像
公開する2頭のタスマニアデビル
「マルジューナ」(左)と「メイディーナ」(右)

1.公開するタスマニアデビル

  • 名前
     マルジューナ(Murdunna)
    ※先住民族の言葉で「星」の意味
  • 性別
     メス
  • 生年月日
     2013年5月1日
  • 名前
     メイディーナ(Maydena)
    ※先住民族の言葉で「影」の意味
  • 性別
     メス
  • 生年月日
     2013年5月1日

2.来園日

 平成28年5月31日(火曜)

3.一般公開について

(1) 公開日

 平成28年6月11日(土曜) 11時00分(予定)から

(2) 場所

 オーストラリア園 タスマニアデビル舎

4.お披露目会の開催について

 一般公開に先がけ、お披露目会を開催します。

(1) 日時

 平成28年6月11日(土曜) 10時30分から11時00分(予定)まで

(2) 場所

 オーストラリア園 カンガルー広場
※天候により場所が変更になる場合があります。

(3) 主な内容

 園長から来園経緯の説明、オーストラリアからの来賓の挨拶の後、タスマニアデビル舎へ移動し、テープカットの上で一般公開となります。
※一般の方も参加できます。

画像
【一般公開とお披露目会の位置図】

5.経緯

 野生のタスマニアデビルは「タスマニアデビル顔面腫瘍病」の伝播などにより激減しました。タスマニア州政府は2003年から「セイブ・ザ・タスマニアデビル・プログラム」を立ち上げ、飼育下繁殖や発症地域以外への個体導入など、保全活動に取り組んでいます。この一環として2013年、海外の動物園がタスマニアデビルの飼育を通じた普及啓発活動を行うプログラムが始まりました。
 多摩動物公園でもこのたびプログラム参加が認められ、タスマニアデビルが来園することになりました。アジアでは唯一タスマニアデビルを飼育する施設となります。

6.日本国内の飼育状況(2016年6月2日現在)

 国内では当園でのみの飼育です。

7.関連イベントについて

(1) スペシャルトーク

 オーストラリアの専門家と当園の飼育担当者がタスマニアデビルについてお話しします。

  • 日時
     平成28年6月11日(土曜) 1)11時15分 2)15時00分
  • 場所
     オーストラリア園 タスマニアデビル舎前

※天候により中止になる場合があります。

(2) 記念講演会

 タスマニアデビルの現地専門家による記念の講演会を行います。

  • 日時
     平成28年6月11日(土曜) 13時30分~14時30分(予定)
  • 場所
     ウォッチングセンター 動物ホール
  • 講演内容
     「タスマニアデビルの魅力と保全について」
  • 講師
     アンドルー・ケリー氏(トロワナ・ワイルドライフパーク)

(3) スタンプラリー

 オーストラリア園の3ヶ所にあるスタンプをすべて集めた方に、多摩動物公園オリジナルポストカードをプレゼントします。

 実施期間 平成28年6月11日(土曜)~7月10日(日曜)

スタンプ用紙配布
  • 時間
     9時30分~14時30分
    ※用紙がなくなり次第、配布終了
  • 場所
     ベビーカー貸出所横
    ※雨天時はウォッチングセンター内 案内所前
  • 配布枚数
     平日 先着1,000枚、土曜日曜 先着3,000枚
    ※お一人様1枚まで
ポストカード交換

 スタンプが3つ押された用紙1枚につき、ポストカード1枚をプレゼントします。

  • 時間
     12時00分~16時30分
  • 交換場所
     12時00分~14時30分 ベビーカー貸出所横
     14時30分~16時30分 ウォッチングセンター内 案内所前
    ※時間により交換場所が異なります。
    ※雨天時:12時00分~16時30分 ウォッチングセンター内

【参考】

タスマニアデビル(IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧種1B類))

  • 学名
     Sarcophilus harrisii
  • 英名
     Tasmanian devil
  • 分類
     フクロネコ目 フクロネコ科
  • 分布
     オーストラリア タスマニア島
  • 特徴
     現存する肉食有袋類としては世界最大種で、頭胴長は約60センチメートル、尾の長さは約25センチメートル。かつてはオーストラリア本土にも生息していたが、現在はタスマニア島のみに分布する。家畜を襲う害獣としての疑いから駆除対象になり数を減らしたが、その後、保護法のもと少しずつ生息数が回復していた。しかし、伝染性及び致死率の高い「タスマニアデビル顔面腫瘍病(DFTD)」が蔓延し、再び数を減らしている。夜行性で、ワラビーなどの動物の死体を集団で食べる習性がある。黒い体色と、集団で餌を食べる際に発する鳴き声から、「デビル」と呼ばれたとされている。

※「1B類」の数字の正しい表記はローマ数字です。

ご案内

【多摩動物公園】

  • <開園時間>
     9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日>
     毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
  • <入園料>
     一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【多摩動物公園】
 電話 042-591-1611
建設局公園緑地部管理課
 電話 03-5320-5365

ページの先頭へ戻る