トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 5月 > 東京都観光産業振興アクションプログラム2017(素案)

ここから本文です。

報道発表資料  2016年5月30日  産業労働局

「東京都観光産業振興アクションプログラム2017(素案)」
~観光産業振興に向けた今後の取組の方向性~ を策定しました

 東京都は、観光を巡る環境の変化に適切に対応するため、中長期的な視点に立ち総合的かつ体系的な施策の展開を目指し、今年度内に「東京都観光産業振興アクションプログラム2017」を策定します。
 このたび、今後の取組の方向性を示す「東京都観光産業振興アクションプログラム2017(素案)」を取りまとめましたので、お知らせします。

「東京都観光産業振興アクションプログラム2017(素案)」のポイント

1 「新たな取組の視点」を設定

 今後の観光産業振興に向けた取組の軸となる4つの視点を設定

  1. 観光の一大産業化
  2. 将来を見据えた新たな観光資源の開発
  3. 魅力の発信と効果的な誘致活動
  4. 受入環境の充実

2 「観光産業振興に向けた取組の方向性」を明示

 6つの具体的な取組の方向性を明示

  1. 消費拡大に向けた観光経営
  2. 集客力が高く良質な観光資源の開発
  3. 東京ブランドの発信と観光プロモーションの新たな展開
  4. MICE誘致の新たな展開
  5. 外国人旅行者の受入環境の向上
  6. 日本各地と連携した観光振興

3 「目標のあり方」について問題提起

 旅行者数に加え、多様な目標の設定を検討(「中間のまとめ」で整理)

【参考】今後のスケジュール

  • 中間のまとめ(平成28年11月頃公表)
  • 最終版(平成28年度内に公表)

※「東京都観光産業振興アクションプログラム2017(素案)」の概要・本文は以下をご覧ください。
 別紙1 東京都観光産業振興アクションプログラム2017(素案)概要(PDF形式:362KB)
 別紙2 東京都観光産業振興アクションプログラム2017(素案)本文(PDF形式:2.52MB)

問い合わせ先
産業労働局観光部企画課
 電話 03-5320-4721

ページの先頭へ戻る