トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 5月 > 新規恒久施設の施設運営計画(中間のまとめ)の意見募集

ここから本文です。

報道発表資料  2016年5月25日  オリンピック・パラリンピック準備局

「新規恒久施設の施設運営計画(中間のまとめ)」の公表について

 東京都が整備する新規恒久施設等を、都民・国民の貴重な財産として、効果的・効率的に運営していくためには、広く外部の意見を求めるなど、様々な知恵やノウハウを結集する必要があります。
 これまで、都は、「新規恒久施設等の後利用に関するアドバイザリー会議」等を活用し、民間や競技団体、地元自治体の意見等も参考にしながら、検討を進めてきました。
 今般、昨年定めた「新規恒久施設の後利用の方向性」やアドバイザリー会議での意見を踏まえて4施設について「新規恒久施設の施設運営計画(中間のまとめ)」をとりまとめましたのでお知らせします。

※4施設:オリンピックアクアティクスセンター、海の森水上競技場、有明アリーナ、カヌー・スラローム会場

1 「新規恒久施設の施設運営計画(中間のまとめ)」

 【主な項目】

  1. 運営計画の位置づけ
     大会後の施設運営の指針
  2. 新規恒久施設のレガシーの基本的考え方
    • 多目的な活用
    • 周辺との連携による広がりのあるレガシーの形成
  3. 施設別運営計画
     4施設について以下の記載
    • 施設の位置づけ
    • 運営の基本方針
    • 事業内容
    • 事業実施場所
    • 年間利用イメージ
    • 周辺施設との連携 など
  4. 競技施設整備と周辺のまちづくりとの連携
     「都市づくりのグランドデザイン(仮称)」の検討とも連携して面的に広がりのあるレガシーを形成

2 ホームページからの閲覧

 各資料については、オリンピック・パラリンピック準備局ホームページから閲覧可能ですので、ご利用ください。

3 御意見の募集

 中間のまとめについて都民の皆様のご意見を募集します。いただいたご意見を参考に、十分に検討を行い、今年度末を目途に「新規恒久施設の施設運営計画(最終のまとめ)」を策定していきます。

(1) 募集期間

 平成28年5月25日(水曜日)から6月8日(水曜日)まで(郵送は当日消印有効)

(2) 御意見の提出方法

  • Eメール、ファクス、又は郵送のいずれかの方法で御意見をお寄せください。
     電話による御意見の受付はいたしません。
    • Eメール
       S1050502(at)section.metro.tokyo.jp
       (最初の「S」の後の「1050502」は、全て数字です。)
      ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
    • ファクス
       03-5388-1227
    • 郵送
       〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
  • 御意見の提出に当たっては、下記事項を記載してください。
    • 個人の方
       お住まいの地域(区市町村名)、性別、年齢
    • 法人の方
       所在地(区市町村名)
    • 御意見の内容に該当する箇所、ページ番号など

(3) 宛先

 東京都オリンピック・パラリンピック準備局大会施設部施設整備第一課 宛

(4) 留意事項

  • Eメール、ファクスの件名、郵送の宛先には、必ず「新規恒久施設の施設運営計画(中間のまとめ)への意見」と記載してください。
  • 御意見は日本語で記載してください。
  • いただいた御意見については、住所、氏名等の個人情報を伏せた上で、公開することがあります。
  • 御意見に対して個別の回答はいたしませんので、あらかじめ御了承ください。

4 その他

 大井ホッケー競技場とアーチェリー会場(夢の島公園)を含め、6施設の施設運営計画(最終のまとめ)を、今年度末を目途に策定する予定です。

東京都長期ビジョン」事業
 本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略1 「成熟都市・東京の強みを生かした大会の成功」
 政策指針1 「2020年大会の成功に向けた万全な開催準備とレガシーの継承」

問い合わせ先
オリンピック・パラリンピック準備局大会施設部施設整備第一課
 電話 03-5320-7742

ページの先頭へ戻る