ここから本文です。

平成28(2016)年5月25日更新

報道発表資料

都立霊園の埋蔵施設・収蔵施設の例

画像 画像
一般埋蔵施設(青山霊園)
一般的な平面形式の埋蔵施設です。
長期収蔵施設(多磨霊園みたま堂)
使用期間30年間(更新可能)の納骨堂です。
画像 画像
芝生埋蔵施設(八王子霊園)
一面芝生の平坦地に、等間隔に埋蔵施設を配置しています。
小型芝生埋蔵施設(小平霊園)
使用面積や設置可能な墓石等の規格が、従来の芝生埋蔵施設より小さく設定されている施設です。
画像 画像
立体埋蔵施設(谷中霊園)
使用許可日から起算して20年間は、遺骨を地上のカロートに個別に埋蔵し、その後は地下に共同埋蔵します。
合葬埋蔵施設(八柱霊園)
一つのお墓に多くの方々の遺骨を共同埋蔵する施設です。
画像 画像
樹林型合葬埋蔵施設(小平霊園)
樹林の下に、遺骨(粉状遺骨を含む)を直接土に触れる形で共同埋蔵する施設です。
樹木型合葬埋蔵施設(小平霊園)
樹木の周辺に、遺骨を「個別に」一体ずつ直接土に触れる形で埋蔵する施設です。

ページの先頭へ戻る