トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 5月 > ハンセン病普及啓発行事 映画『あん』上映会開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年5月19日  福祉保健局

6月22日は「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」です
ハンセン病普及啓発行事 映画『あん』上映会開催

 平成21年度から、「ハンセン病療養所入所者等に対する補償金の支給等に関する法律」の施行日である6月22日を「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」とし、国を始め各都道府県でハンセン病に関する行事を行っております。
 東京都でも、ハンセン病に対する正しい知識の普及啓発を図り、偏見や差別の解消に努めるため、以下のとおり映画上映及びパネル展示を実施します。

画像
(C)2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE

映画上映会 開催概要

上映映画

 『あん』

日時

 平成28年6月22日(水曜日)午後1時30分から午後4時00分まで(開場:午後1時00分)

場所

 都議会議事堂1階都民ホール(別紙参照)

内容

  • 映画『あん』日本語字幕付き上映。音声ガイドは20名利用可。
  • 映画上映前に国立ハンセン病資料館学芸員による講演(手話通訳あり)を実施。

定員

 200名(事前申込不要・当日受付先着順)

入場料

 無料

出演

 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子など

監督・脚本

 河瀨直美

原作

 ドリアン助川「あん」

ハンセン病とは

  • かつて「らい病」と呼ばれた、感染力の極めて弱い細菌による感染症の一つです。
  • 日本では、誤った施設入所政策などがとられたため、患者やその家族に激しい苦痛を与えるとともに、多くの人がこの病気に対して強い偏見を持つことになりました。
  • 平成8年に「らい予防法」は廃止されましたが、今もなお根強い偏見や差別が残っています。

パネル展示について

 6月16日(木曜日)から6月20日(月曜日)まで、東京都庁第一本庁舎1階中央・展示スペースにて、パネル展示も実施します。

※別紙 チラシ(PDF形式:1.92MB)

問い合わせ先
東京都健康安全研究センター企画調整部健康危機管理情報課
 電話 03-5937-1089

ページの先頭へ戻る