トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 5月 > 大学生の防犯ボランティアを育成します

ここから本文です。

報道発表資料  2016年5月31日  青少年・治安対策本部

『新たな防犯力の確保』事業、開始!
大学生の防犯ボランティア、育成します!!

 東京都は、オリンピック・パラリンピックの開催を控え、東京を都民が安心して生活し、来訪者も含めて世界一安心だと実感できるような都市にすることを目指しています。その取組の一つとして『新たな防犯力の確保』事業を始めることとしましたので、お知らせします。

画像
安全安心を推進する
マスコットキャラクター
「みまもりぃぬ」

1 地域の防犯力を巡る現状

 都内では、現在約4,000の防犯ボランティア団体が活動をしています。その活動は子供の登下校時の見守りや防犯パトロールなどで、身近な犯罪の減少に大きく寄与しています。
 しかし、防犯ボランティア団体メンバーの高齢化が進んでおり、防犯活動の更なる活性化のためには、『新たな担い手』の育成が重要となります。

2 取組の概要

 大学生を防犯ボランティアとして育成し、区市町村と連携して『新たな担い手』として地域の活動に参加していく仕組みを定着させていきます。

(1) 取組内容

  • 「若手防犯ボランティア育成講座」の開設(各地域1回)
     防犯に関する知識・情報を提供
  • 「パトロール活動等実地体験」の実施(各地域2回~3回)
     パトロール等の体験と防犯ボランティア団体との交流の機会を設定

※「講座のみ」「体験のみ」の参加も可能

(2) 開催地域

 大学が多く立地する区部2、多摩地域2の計4自治体で実施

(3) 規模

 各自治体100名程度

3 第1回多摩市開催について

 多摩地域については、第1回を次のとおり多摩市で開催します。

(1) 開催内容

  • 若手防犯ボランティア育成講座
     日時: 平成28年7月14日(木曜日)午後5時00分から午後6時30分まで
     場所: ココリアホール(多摩センター駅徒歩10分)
  • パトロール活動等実地体験
     日時: 平成28年7月14日(木曜日)午後7時00分から午後8時30分まで(予定)
     場所: 多摩センター駅周辺

※実地体験は今後も開催予定

(2) 募集人数

 100名程度

 青少年・治安対策本部公式ツイッター
 大東京防犯ネットワーク公式ツイッター

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部安全・安心まちづくり課
 電話 03-5388-2282

ページの先頭へ戻る