トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 5月 > アジアゾウ「はな子」の死因について

ここから本文です。

報道発表資料  2016年5月27日  建設局

井の頭自然文化園
アジアゾウ「はな子」の死因について

 井の頭自然文化園(園長 永井清)で、5月26日(木曜)に死亡したアジアゾウの「はな子」の死因について、本日解剖を行った結果、継続的な横臥で肺のうっ血を引き起こしたことによる呼吸不全と判明したので、お知らせします。
 なお、はな子の遺体については、国立科学博物館に寄贈し、調査研究に役立てられます。

【参考】

(1) 死亡したアジアゾウ

名前(性別)

 はな子(メス)

 昭和22(1947)年春頃、タイのクンジャラ農園で誕生。日本の子どもたちの要望を受け、昭和24(1949)年タイのバンコクを出発し日本に到着。同年9月4日上野動物園に到着。「はな子」と命名。昭和29(1954)年に上野動物園から井の頭自然文化園に移動。平成25(2013)年、66歳で国内最高齢記録を更新した。

年齢

 69歳
 昭和24年の来日時には、2歳半くらいでした。

死亡確認日時

 平成28年5月26日(木曜)15時4分

(2) 死亡の状況

 5月26日(木曜)

  • 8時30分
     ゾウ舎室内で「はな子」が横臥していた。
     (夜間監視ビデオで確認したところ、1時25分頃、横臥状態となった模様)
  • 10時45分
     横臥したままだと、内臓を圧迫して死亡してしまうので、恩賜上野動物園、多摩動物公園の飼育職員の応援も受け、ロープなどにより起立させるべく作業を開始
  • 15時04分
     死亡を確認
問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【井の頭自然文化園】
 電話 0422-46-1100
建設局公園緑地部計画課
 電話 03-5320-5374

ページの先頭へ戻る