ここから本文です。

報道発表資料  2016年5月26日  建設局

井の頭自然文化園
さようなら、アジアゾウ「はな子」

 井の頭自然文化園(園長 永井清)で飼育されている、アジアゾウの「はな子」ですが、本日5月26日(木曜)朝、室内で横臥(おうが)していたため、自力で起立を促す試みを続けていましたが、残念ながら15時4分に死亡が確認されました。
 ゾウ舎前に献花台とメッセージを書いていただく用紙を設置します。

(1) 死亡したアジアゾウ

名前(性別)

 はな子(メス)
 昭和24(1949)年9月2日、タイと日本国の友好のシンボルとして、子どもたちの要望を受けて来日しました。

年齢 69歳

 昭和24年の来日時に、2歳半くらいでした。

死亡確認日時

 平成28年5月26日(木曜)午後3時4分

(2) 死因

 不明。5月27日に解剖検査を実施予定です。

(3) 死亡の状況

  • 本日 8時30分 ゾウ舎室内で「はな子」が横臥していた
     (夜間監視ビデオで確認したところ、1時25分頃、横臥状態となった模様)
  • 10時45分 横臥したままだと、内臓を圧迫して死亡してしまうので、恩賜上野動物園、多摩動物公園の飼育職員の応援も受け、ロープなどにより起立させるべく作業を開始
  • 15時04分 死亡を確認

(4) 日本国内の飼育状況(平成27年12月31日現在)

 41館91頭(オス21頭、メス70頭)
 資料:アジアゾウ国内血統登録第23回調査結果【(公社)日本動物園水族館協会】

画像 画像
【横臥する「はな子」】
(撮影日:平成28年5月26日11時ころ)
(撮影日:平成28年1月3日)

【参考】 アジアゾウ

 (ワシントン条約附属書1表、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、東京都ズーストック種)
※1の正しい表記はローマ数字です。

  • 学名:Elephas maximus
  • 英名:Asian elephant
  • 分類:長鼻目 ゾウ科
  • 分布:中央アジア、タイ、マレーシア
  • 生態等:主に森林に生息する。食性は植物食で、主に草を食べるが木の枝、葉、樹皮、根、種子、果実なども食べる。

「はな子」について

 メス。1947年春頃、タイのクンジャラ農園で誕生。日本の子どもたちの要望を受け、昭和24(1949)年タイのバンコクを出発し日本に到着。同年9月4日上野動物園に到着。「はな子」と命名。昭和29(1954)年に上野動物園から井の頭自然文化園に移動。平成25年、66歳で国内最高齢記録を更新した。

【井の頭自然文化園】
<開園時間>
 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>
 毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料>
 一般:400円、65歳以上:200円、中学生:150円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネットでご覧いただけます。

※別紙 井の頭自然文化園アジアゾウ「はな子」死亡に対する知事コメント

問い合わせ先
(公財)東京動物園協会
【井の頭自然文化園】
 電話 0422-46-1100
建設局公園緑地部計画課
 電話 03-5320-5374

ページの先頭へ戻る