ここから本文です。

報道発表資料  2016年4月28日  産業労働局

木材利用に意欲的な建築士を支援します
建築士の木づかい推進事業

 東京の森林は、地域材である「東京の木 多摩産材」の供給に加え、水や大気の浄化、二酸化炭素の吸収や災害の防止などの多面的な機能を持っており、豊かな生活と快適な都市環境に積極的に貢献する都民共通の貴重な財産です。
 この財産を、健全な姿で次世代に引き継ぐためには、伐採して、使って、植えて、育てるという「森林の循環」の継続が不可欠であり、安定的に木材を利用することが重要です。
 そこで、東京都では、都内の建築物における木材利用を拡大するため、木材利用に意欲的な建築士を支援するための補助制度を開始します。

画像

事業の概要

1 対象者

 都内在住又は在勤で、一級建築士、二級建築士又は木造建築士の資格を有する者

2 補助対象

 木材利用に関する以下の講習会の受講に係る経費

  • 建築関係団体やNPO等の団体が主催する講習会
     (建築士会継続能力開発(CPD)制度に認定された講習会に限る)

※建築士の技術的研鑽を証明する制度

3 補助の内容

 補助対象経費の2分の1以内
(一申請あたり、異なる講習会を2件以上含むこと、上限15万円)

4 申請方法

 産業労働局ホームページから申請書をダウンロードし、以下の申込先に送付
 申請は個人のほか、複数の建築士の共同でも可
 〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1
 東京都産業労働局農林水産部森林課木材流通担当

5 申請受付開始

 平成28年4月28日(木曜)
 申請額が予算額に達し次第、受付を終了

問い合わせ先
産業労働局農林水産部森林課
 電話 03-5320-4855

ページの先頭へ戻る