トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 4月 > 「呑川流域河川整備計画(原案)」等のご意見募集

ここから本文です。

報道発表資料  2016年4月25日  建設局

洪水、地震に対してより安全な川を目指します
「谷沢川及び丸子川流域河川整備計画(原案)」、「呑川流域河川整備計画(原案)」、「野川流域河川整備計画(変更原案)」にご意見をお寄せください

 東京都は、谷沢川・丸子川流域及び呑川流域の河川整備計画を策定するとともに、野川流域については河川整備計画の変更を行います。
 この河川整備計画は、今後30年の間に東京都が取り組んでいく治水や利水、環境等に関する事項について取りまとめるもので、洪水対策の目標を区部では1時間あたり75ミリ、多摩部では1時間あたり65ミリの降雨に引き上げるとともに、東日本大震災を踏まえ堤防の耐震対策を実施することとしています。
 策定にあたり都民の皆様の声を反映させていくため、下記のとおり「谷沢川及び丸子川流域河川整備計画(原案)」、「呑川流域河川整備計画(原案)」及び「野川流域河川整備計画(変更原案)」に関するご意見を募集します。

1 実施期間

 平成28年5月2日(月曜)~平成28年5月27日(金曜)
※原案及び変更原案の閲覧については、閉庁日を除く午前9時00分から午後5時00分まで

2 対象河川

 谷沢川及び丸子川流域、呑川流域(呑川、九品仏川)、野川流域(野川、仙川、入間川)

3 計画(原案及び変更原案)の閲覧及びパンフレットの配布場所

  1. 建設局河川部「川のなんでも相談コーナー」(都庁第二本庁舎22階)
  2. 以下の関係各区市役所及び関係建設事務所
     谷沢川及び丸子川流域(大田区、世田谷区、東京都第二建設事務所)
     呑川流域(目黒区、大田区、世田谷区、東京都第二建設事務所)
     野川流域(世田谷区、立川市、武蔵野市、三鷹市、調布市、小金井市、小平市、国分寺市、狛江市、東京都第二建設事務所、東京都北多摩南部建設事務所、東京都北多摩北部建設事務所)
  3. 建設局ホームページ

4 意見募集方法

  1. 建設局河川部、関係区市役所及び関係建設事務所の窓口に設置した意見箱に直接投函
  2. 郵送、ファクス及びEメール(郵送は5/27消印有効、他は受信有効)
     送付先:〒163-8001 東京都建設局河川部計画課あて
     ファクス:03-5388-1533
     メール:S0000384(at)section.metro.tokyo.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。
    ※いずれも自由様式

5 その他

  • 寄せられたご意見に対する東京都の考え方や計画への反映状況については、計画の公表時に建設局ホームページへ掲載いたします。
  • ご意見に対する個別の回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。

河川整備計画とは

 河川整備計画とは、河川法第16条の2に基づき、計画的な河川の整備を進める区間について、具体的な川づくりを明らかにする計画です。

画像

谷沢川及び丸子川流域、呑川流域、野川流域の概要

 谷沢川及び丸子川流域、野川流域の各河川は多摩川水系の一級河川、呑川流域の各河川は東京湾に直接流れる二級河川で、いずれも市街化が進んだ流域を流れる都市河川です。これらの河川では近年の局地的集中豪雨等により浸水被害が発生していることから、東京都豪雨対策基本方針(平成26年6月)において、対策強化流域に選定されています。

画像
谷沢川及び丸子川流域、呑川流域、野川流域の位置図

河川整備計画 主なポイント

  • 近年の豪雨の増加や、それに伴う水害の発生状況を踏まえて策定した「中小河川における都の整備方針」(平成24年11月)に基づき、1時間あたり50ミリの降雨までは河道で対処することを基本に、これを超える降雨には新たな調節池や分水路を整備し、河川への流出を抑制する流域対策を含めて、区部を流れる谷沢川及び丸子川流域と呑川流域は1時間あたり75ミリ、多摩部を流れる野川流域では1時間当たり65ミリの降雨(区部、多摩部とも年超過確率20分の1)に対応することを目指します。
  • 東日本大震災を受けて策定した「東部低地帯の河川施設整備計画」(平成24年12月)に基づき、堤防の耐震対策等を新たに加えています。

※野川流域では平成18年3月に河川整備計画を策定し、平成21年12月に変更しています。
※谷沢川・丸子川流域及び呑川流域については、今回新規に策定します。

東京都長期ビジョン」事業
本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略4 「安全・安心な都市の実現」
 政策指針9 「災害への備えにより被害を最小化する高度な防災都市の実現」

問い合わせ先
建設局河川部計画課
 電話 03-5320-5415

ページの先頭へ戻る