トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成28(2016)年 > 4月 > ひきこもりに関する講演会・合同相談会を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2016年4月20日  青少年・治安対策本部

ひきこもりに関する講演会・合同相談会

 東京都は、ひきこもり等の問題を抱えるご家族向けに、講演会・合同相談会を開催します。
 ご本人への望ましい接し方や、様々な支援機関の特色を知るまたとない機会です。ぜひ御参加ください。

画像

1 開催日・場所

 平成28年6月4日(土曜日)
 都庁第一本庁舎5階 大会議場及びレセプションホール

2 対象

 ひきこもりでお悩みのご家族、ご本人、ひきこもりの問題や若者の社会参加に関心のある方

3 内容

(1) 講演会「ひきこもりの若者―家族が理解すべきこと、行うべきこと」

(大会議場 午後1時30分から午後3時30分まで)

 講師 春日武彦(医師・作家、医療法人社団成仁 成仁病院顧問)

【講演内容】(予定)
  • ひきこもりを呈する〈心のありよう〉は大きく二つに分けられる
  • ひきこもりは本人なりの「切実な」適応手段
  • 本人は親に対する罪悪感に苦しんでいる
  • 親と子は互いに適度な距離を持つよう心がけましょう など

画像
昨年度の講演会の様子

(2) 合同相談会

(レセプションホール 午後1時00分から午後5時00分まで)

 個別相談に応じるほか、プレゼンテーション、資料配布、パネル展示を行います。

画像
昨年度の合同相談会の様子

4 主催等

  • 主催
     東京都
  • 後援
     内閣府政策統括官(共生社会政策担当)、厚生労働省

5 参加方法(申込期限:6月1日(水曜日)必着)

 講演会のみ事前申込みが必要です(定員500名)。当日参加も可能ですが、座席は事前申込者優先となります。
 御参加を御希望の方は、別添チラシ (PDF形式:1.11MB) の参加申込書に必要事項を御記入の上、ファクスまたは郵送にてお申込みください。

  • ファクス
     03-5388-1217
  • 郵送
     〒163-8001
     東京都青少年・治安対策本部 青少年課 若年者対策担当(住所不要)

合同相談会参加 民間支援団体(17団体)・公的支援機関(6機関)

都のひきこもり支援プログラムに準拠し、訪問相談・支援、自宅以外の居場所の提供、社会参加への準備支援を実施している団体

  • NPO法人13団体
     星槎教育研究所、育て上げネット、文化学習協同ネットワーク、青少年自立援助センター、教育サポートセンターNIRE、ワーカーズコープ、ピアサポートネットしぶや、グッド、キズキ、日本子どもソーシャルワーク協会、まひろ、ゆどうふ、楽の会リーラ
  • 一般社団法人2団体
     とちぎ青少年自立援助センター、SCSカウンセリング研究所
  • 公益社団法人1団体
     青少年健康センター
  • 社会福祉法人1団体
     やまて福祉会

公的支援機関

 東京都発達障害者支援センター、東京都立(総合)精神保健福祉センター、東京しごとセンター、地域若者サポートステーション、わかものハローワーク、青少年リスタートプレイス

東京都長期ビジョン」事業
本件は、「東京都長期ビジョン」における、以下の都市戦略・政策指針に係る事業です。
 都市戦略6 「世界をリードするグローバル都市の実現」
 政策指針17 「若者や女性、高齢者など全ての人が活躍できる社会の実現」

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部青少年課
 電話 03-5388-2260

ページの先頭へ戻る